サーフィン 費用

サーフィン

サーフィンってどのくらいのお金がかかるの?サーフィンの初期費用と年間費用

海のレジャー・スポーツの定番「サーフィン」。そんなサーフィンで始めようとしている多くの人が必ずといっていいほどぶち当たる壁が「お金の問題」です。「サーフィンを始めてみたいけど、最初にどれくらいの費用がかかるの」とか、「メンテナンスのコストっていったいどれくらいなんだろう」など不安が尽きることはありません。そこで今回は、サーフィンを楽しむにはいったいどれくらいのお金が必要なのか、といってことについてご紹介していきます。

目次

サーフィンの初期費用

サーフィンの費用
まずはサーフィンを始める際にかかる初期費用について考えてみます。「サーフィンをするための必要最低限の道具」から計算していきましょう。すると、以下のようになってくると考えられます。

サーフボード

サーフボード
当然のことではありますが、サーフィンをするにあたってはサーフボードがなくては何もできません。しかし、このサーフボードこそが最もお金がかかるということを忘れてはいけません。サーフボードにはショートボードやロングボードなどの種類があり、その種類の中でも性能によって価格の幅も非常に大きくなってきます。

初心者が有名メーカー・ブランドの新品を買う必要は全くありません。最初はうまく波には乗れないと考えておくのが無難でしょう。たくさん練習をしないといけません。そうしていると、サーフボードはあっという間に傷だらけになってしまうでしょう。でも、それでいいのです。サーフィンは、波に何度も乗ることでしか上達しません。サーフボードの傷が上達した証となっていくのです。そのため無理に見栄を張るのではなく、浮力に優れた安定性の高いビギナーボードを買うとよいでしょう。

ブランドも特に気にする必要はありません。中古品でも全然問題はありません。しかし、やはり理由があってその値段がついているのです。格安品には粗悪なサーフボードもたくさんあります。あまり極端に安いものは避け、大体5万円前後のものを選択するのが無難でしょう。

サーフボード選びで知っておくべきポイントと人気ブランド7選>>

リーシュコード

リーシュコードはルール!?
サーフボードから自分が落ちたりするなどして体から離れてしまった時に、何も装着していなければサーフボードは流されて行ってしまいます。それを防ぐための道具が「リーシュコード」です。リーシュコードは、自分の足とサーフボードを結び付けることでその役割を果たします。

リーシュコードは周りのサーファーにサーフボードが衝突するのを防ぐためにも重要なアイテムでリーシュコードを装着することはサーファーのマナーです。必ず購入しましょう。

相場は3000円前後といわれています。これも極端に安いものは決して選ばず、一般的な価格帯のものを選択しましょう。
TOOLS リーシュコード

出典:amazon

サーフィンの必需品「リーシュコード」のおすすめ7選>>

ウェットスーツ

サーフィンに適したウェットスーツとは
サーフボードの次にお金がかかるのがウェットスーツです。真冬に使用する厚手のウェットスーツやドライスーツはは15万円以上し、場合によってはサーフボードよりも高価になってしまうケースもあります。

サーフィンを始める初心者は、最初のうちは春から夏にかけて楽しむことがほとんどでしょう。そのため、これも5万円前後のウェットスーツで十分でしょう。

真夏のハイシーズンにはサーフパンツのみや上でだけのウェットスーツ「タッパー」で十分でしょう。タッパーなら1万円前後で購入することができます。

より安価に済ませるならラッシュガードという手もあります。

人気ブランド勢揃い!サーフィンにおすすめのウェットスーツ7選>>

サーフィンで着れる!人気ブランドのおすすめタッパー8選>>

人気ブランドのおすすめラッシュガード13選>>

ワックス

サーフボード ワックス
サーフボードにはワックスが必要不可欠です。ワックスは滑り止め効果があり、ワックスが塗られていないサーフボードはつるつるして上手く立つことができません。大体500円程度で購入購入可能です。

おすすめワックス5選>>

ランドリーバケツ

サーフィン バケツ

出典:amazon

着替えがグッと便利になるのであるとおすすめです。使用後のウェットスーツやサーフパンツなどを入れます。1000円前後で購入可能です。

後片付けが驚くほど楽になるバケツ7選>>

ポリタンク

サーフィン バケツ

出典:amazon

シャワールームなどが整備されたビーチでサーフィンをやる人には必要ありませんが、様々な場所でサーフィンを行う予定ならば、意外とポリタンクがあると便利です。海水は乾くとべたべたしますので、サーフィンの後にポリタンクの水をかぶって体やボードを洗うとよいです。ホームセンターで1000円程度で購入できます。

それぞれの道具にどれくらいこだわるのか、サーフィンを行う時期はいつなのかによっても、最初に揃える道具の費用は異なってきますが、大体約10万円近くはかかってくると考えておくとよいでしょう。

さらに、スクールに通ったりするとさらに費用はかさみます。しかし、サーフィンは一生楽しめるスポーツです。そう考えると決して高くないのかもしれません。

サーフィンの年間費用

サーフィン 費用
サーフィンを楽しむ上でかかる年間費用でまず思い浮かぶのが初期費用を投じて購入したアイテムのメンテナンス費です。

サーフボードやウェットスーツなどは決して安い買い物ではないですが、その分、丁寧に使えばすぐに買いなおすということはありません。しかし、サーフィンにのめり込めばこむほど、新しい高性能のサーフボードが欲しくなったり、年中通してサーフィンを楽しむために様々なウェットスーツを購入したりするようになり出費もかさむでしょう。

また、サーフィンをするのに必要なものはそれだけではありません。サーフィンでかかる費用として、実は「車」が最も重要なのです。
サーフィン 車
サーフィンを楽しむためには当然海に出かけないといけません。そこで海まで車を走らせるのですが、波のコンディションはその時その時で全く違います。そのため、毎回波乗りの場所は異なります。東京に住んでいても、ある時は湘南・ある時は茨城・ある時は千葉と移動します。

つまりそこへ向かうためのガソリン代や高速代が大きくかかってくるのです。初心者ではなかなか気づきにくいところかもしれませんが、それなりのお金がかかるということは覚えておいたほうがよいでしょう。

また、当然ながらサーフボードを含めたにおmつがちゃんと入る車でなければいけません。つまり、小さい軽自動車などは乗れないということになるのです。車の維持費もばかにはできません。サーフィンは波との戦いである前に、実は車や交通費との戦いなのです。

サーフィンに最適な人気のおすすめ車8選>>

このようにサーフィンはそれなりにお金のかかるスポーツではありますが、その分得られる感動や興奮は何物にも代えがたいものがあることは紛れもない事実であり大きな魅力です。お金のこともしっかりと考えたうえで、それでも始めようと決意出来たらきっと一生楽しむことができるのに違いないでしょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. ハンドプレーンを使いこなしてボディサーフィンを楽しもう!

    サーフィン

    ハンドプレーンを使いこなしてボディサーフィンを楽しもう!
  2. 大人がハマるマリンアクティビティ「SUP」の魅力を徹底解説!

    マリンスポーツ・レジャー

    大人がハマるマリンアクティビティ「SUP」の魅力を徹底解説!
  3. サーフボード

    サーフィン

    サーフボード選びで迷わない!サーフボードの種類完全攻略ガイド
  4. オシャレで節約にも◎!シーリングファンライトの人気おすすめ7選

    インテリア

    オシャレで節約にも◎!シーリングファンライトの人気おすすめ7選
  5. 東京でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介

    マリンスポーツ・レジャー

    東京でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介
PAGE TOP