電動空気入れの画像

デイリーライフ

浮き輪はボタン1つで膨らむ時代!!電動空気入れの人気おすすめをご紹介

ビーチに着いてまず行うのが浮き輪の空気入れ。
大きい浮き輪であればあるほど、膨らませるのは大変ですよね・・。
そんな悩みを解決してくれるのが「電動空気入れ」です。

今や浮き輪はボタン1つで膨らませる時代。
今回の記事では、電動空気入れの選び方とおすすめのアイテムをご紹介します。

目次

電動空気入れとは?

浮き輪 電動空気入れ
電動空気入れは、その名の通り「ボタンを押せば自動で空気を入れてくれるアイテム」です。

「どんな感じで浮き輪が膨らむのか?」は、百聞は一見にしかずです。「Max Pumb Plus」を紹介した動画で、電動空気入れの便利さをさっそく見ていきましょう。

(MicroNovelty)Max Pump Plus

手動と全然違いますよね!?

浮き輪を膨らませる際、手動の空気入れだと一生懸命力を入れて空気を入れる必要があります。電動空気入れであれば、スイッチを入れたら後は放置でOK!とってもカンタンです。

空気入れのタイプには、主に「コンセント式」、「車のシガーソケット式」、「電池式」があります。最近では「コンセント・シガーソケット併用」や「充電式」のタイプも登場していて、豊富なバリエーションの中からシーンに合わせて選べます。

また、ポンプ部分の針を差し替えることで、浮き輪以外にも自動車や自転車、サッカーボールやバスケットボールなどのボールにも使えます。アウトドアがお好きな方やお子さんがスポーツをやっているご家庭では、一家に一台あると重宝しますよ。

お値段は2,000~3,000円くらいのタイプもありますので、手動の空気入れとほとんど変わりません。さらに、充電式タイプであればスマホの充電もできるので、空気入れを持ち運ぶのであれば、電動空気入れが便利です。

電動空気入れ選びのポイント

浮き輪 電動空気入れ
電動空気入れを選ぶポイントは、

  • 用途
  • 大きさ

の2点です。

自動空気入れは、用途に応じて様々な大きさの商品があります。基本的にサイズが大きければ高圧力で、自動車のタイヤやバスケットボールなどの空気入れまでこなせます。「一家に一台、空気入れが欲しい」と考えるのであれば、パワーの強いタイプを選ぶと良いでしょう。

浮き輪、ビーチボール、ウォーターベットなど、ビーチサイドでのみで使うのであれば、持ち運びに便利な「コンパクトサイズの自動空気入れ」が圧倒的におすすめです。

圧力の単位には、「PSI」、「BAR」、「KPA」の3つが使われます。単位を知っておくとパワーが判断できます。参考までに載せておきますので、圧力を確認する際にぜひ参考にしてみて下さいね。

【参考】圧力単位

  • KPA(キロパスカル)
  • PSI(ポンド・スクエア・インチ)・・約7KPA
  • BAR(バール)・・1,000PSI

【人気モデル厳選!】おすすめの電動空気入れ7選

ここでは、口コミでも評判の高い、人気の電動空気入れを7つご紹介します。

実際に使っている方の口コミも載せていますので、電動空気入れ選びの参考にしてみてくださいね。

①【メルテック】エアーポンプ ジェットストリーム

浮き輪 電動空気入れ
360gの軽量サイズ

浮き輪 電動空気入れ
浮き輪を膨らませるのに最適

浮き輪 電動空気入れ
ビーチボートもOK!

【最大圧力】
700kPa

【主な用途】
浮き輪、ビーチボート

【商品の特徴】
ボート、エアーマット、浮き輪の空気入れ・抜きに最適! 小型で持ち運びしやすく、どこでも使える高性能です。

【参考価格(Amazon)】
2,280円

みんなの感想は?(口コミ)

安く買えて満足です!お値段が手動の空気入れとほとんど変わらないことにびっくりです。2つ目、購入しました(笑)

電池はいらないので、車の中で浮き輪の空気を入れる時に本当に便利ですよ。※強く押し込まないと空気は入らいことには少し注意が必要です。

浮き輪、フロートなどには空気がバンバン入ります!あえて空気を入れ足す必要はありません。

②【ZEEPIN】エアコンプレッサー

浮き輪 電動空気入れ
巻き取り式!

浮き輪 電動空気入れ
液晶パネルで空気圧を設定可

浮き輪 電動空気入れ
コンパクトで持ち運び便利

【最大圧力】
150psi

【主な用途】
タイヤ、ボール、浮き輪

【商品の特徴】
コードは巻き取り式なので邪魔になりません!液晶パネルで4種類の空気圧を表示して操作可能で、自動車のタイヤ、ボール、浮き輪まで様々なシーンで活躍してくれます。パワーは強いですが、設定した空気圧に到達すると自動で停止する仕組みなので、とっても安心ですよ。

【参考価格(Amazon)】
2,899円

みんなの感想は?(口コミ)

ねじ込み式はとっても使いやすく、女性でも扱いやすいと思います。耐久性も良いですしリーズナブルな価格なので最高です!

以前、似たような商品を家で使ってたら、一緒にいた人から欲しい!と言われ商品を検索。その時にたまたま目に入ったこの商品で、とても安かったので購入しました。商品が届いたら、さっそく車の空気入れで使ってみました。空気圧セットしておけば止まるので、とっても簡単で驚きましたね(笑)

浮き輪用に購入したのですが、基本どこでも使えます。家にある自転車、子供がやっているバスケットボールはこれで空気を入れることができます。家にはこれだけ用意すればいいですね。自分で車を運転して旅行に行くならこれは必要なものですが、万が一車の空気が抜けてしまったら、とても役に立ちますよ。

車内のシガーソケットを差し込んで浮き輪に空気を入れたりしていました。直径60cmぐらいの浮き輪だと2〜3分で空気が充分入ります。使用中は、本体から音はブゥーンと鳴っていますが、車の中で膨らます分にはご近所周りには迷惑にならないぐらいの音でした。

③【RUNACC】電動エアーポンプ

浮き輪 電動空気入れ
4,000mAhの超ハイパワー!

浮き輪 電動空気入れ
3種類のノズル付き!

浮き輪 電動空気入れ
高さ10cmのコンパクト仕様

【最大圧力】
3,300Pa

【主な用途】
浮き輪、ビニールプール、ボール、風船、プールマット

【商品の特徴】
重さ270g、幅7cm、高さ10cmの超コンパクト仕様で、とっても軽く、そして小さい!ワイヤレスなので、アクセサリー感覚で色々な所に持っていけます。もちろんパワーも優れています。4,000mAhは、1回の充電で30~40分使えるスタミナ。浮き輪は手動の25倍のスピードで空気が入ります!エアーベットやビーチボールにも使えますので、1台持っておくと便利ですよ。

Amazonのレビューでも高評価を獲得している商品で人気が高さが伺えます。コンパクトな電動空気入れを探しているなら、一度はチェックしておきたいアイテムです。

【参考価格(Amazon)】
3,596円

みんなの感想は?(口コミ)

夏のプールをボールプールにして子供たちに遊んでもらうために役立ちました。今までのとは違い、音が静かですごく早かったです。コンセントに繋がなくてもいいので、どの場所であっても屋外であっても楽ですね!

実物はかなり小さくて可愛らしい感じ。でも必要なものはしっかり使用できますよ(*^_^*)

充電しておけばどこでも使えるので、膨らませた大きな浮き輪を持って浜辺を歩かなくて済みます(^_-)-☆車中泊に使うエアーマットも、膨らませるだけじゃなく吸い出しも出来るので撤収が早いです。

この手の商品には興味がなかったのですが、商品レビューに浮袋を膨らませる動画をみて考えが変わりました!そういえば家にもいろいろと膨らませるものがあったなあ、同じく浮袋とか携帯枕とかエアマットレスとか…。そう思ったら注文していましたw
USB充電式で本体がコンパクトというのもいいですね。乾電池駆動があまり好きではないので助かります。この先、経年劣化による動作時間の減少が気になりますが、現状満足です。

④【YOHOOLYO】空気入れ

浮き輪 電動空気入れ
筒状タイプで持ち運び便利

浮き輪 電動空気入れ
空気圧を設定できます

浮き輪 電動空気入れ
浮き輪以外にも大活躍!

【最大圧力】
150psi

【主な用途】
タイヤ、浮き輪、ビニールプール、ボール

【商品の特徴】
電源は要らないので、充電しておけば使いたい時に使えますし、シガーソケットに接続したまま空気を入れることもできます。筒状なので持ちやすく、空気圧を液晶パネルで見ながら空気を入れられます。バックライト付きなので、万が一の時に懐中電灯としても活躍してくれますよ。

【参考価格(Amazon)】
4,999円

みんなの感想は?(口コミ)

商品は期待していた通りのもので、さすがに多少の音はしますし、車のタイヤに空気を入れるのは時間もかかりますが、この季節には子どもとプールに行って大活躍しています。カバンに入れても邪魔にならない大きさで、浮き輪などが楽に膨らみます!ビニールプールを膨らませるのもとても楽になりました。

見た目もコンパクトで、重さも思ったより軽いです。バイクと自転車の空気入れを試してみました。取り付け方も簡単でスムーズにすることができましたのですが、動作音は少しビックリしましたね。ただ、昼間に使用するのには問題ないと思います。収納袋がついていて持ち運びも簡単にできます。非常用として持って行こうと思いました。

毎年夏冬のタイヤ交換を自宅で家族にやってもらっているのですが、使っていた空気入れが寿命で壊れてしまったので購入しました。操作はとても簡単で、女性でも簡単に使えました!タイヤ交換以外にも、遠出する前や帰ってきた時に空気圧の調整で使っています(^^)想像より小さくコンパクトなので収納場所も取らずとても良かったです。

⑤【JanGoo】電動エアコンプレッサー

浮き輪 電動空気入れ
便利なハンディタイプ

浮き輪 電動空気入れ
様々な用途に使えます

浮き輪 電動空気入れ
豊富なセット!

【最大圧力】
150psi

【主な用途】
タイヤ、ボール、浮き輪、ビニールプール

【商品の特徴】
ハンティタイプなので、片手で楽々操作できます。設定した空気圧に到達すると自動で停止しますので、安心です。様々なバルブに対応していますので、タイヤやボールの空気入れから浮き輪やビニールブールまで、オールシーズンで活躍してくれる電動空気入れです。

【参考価格(Amazon)】
5,600円

みんなの感想は?(口コミ)

アウトドアが好きな家族なので、「テント内に設置するエアーベットなどにも使える!」とすごく喜んでもらえています。それ以外にも家庭では自転車、バイク、車などといった乗り物のタイヤに空気が簡単に入れられることも評判がいいですね。夏になればプールなどに使う浮き輪などにも楽々入るのでホント便利です。色んな物を片手で空気を入れることができる代物となってくれますよ。

以前にシガーライターから給電する有線タイプのエアコンプレッサーを使用していましたが、若干の取り回しの不便さを感じていました。しかしこのワイヤレス電動エアコンプレッサーにしてみて、圧倒的に利便性が向上したのを感じました。本製品はアタッチメントも豊富で、自動車タイヤのみならず、自転車で多く用いられている英式バルブや浮き輪などのプールグッズへの対応ものも嬉しいポイントです。

こどもプールやボールに空気を入れるために何かないか探していてこちらを購入。持ちやすいデザインなので使いやすいと思います。また空気圧の確認もできるところが気に入りました!充電が切れてしまうと使えなくなるので、こまめに充電しておくといいかもしれません。

⑥【Theone】電動エアコンプレッサー

浮き輪 電動空気入れ
コードレスタイプ

浮き輪 電動空気入れ
様々な用途に使えます

浮き輪 電動空気入れ
様々なシーンで使えます

【最大圧力】
150psi

【主な用途】
タイヤ、ボール、浮き輪

【商品の特徴】
こちらもハンディタイプの電動空気れ。重さ426gと超軽量です。スマートフォンは大体150gの製品が多いので、「スマホ3台分くらいの重さ」とイメージしてもらうと良いと思います。軽量ですが、150psiまでの最大圧力に対応していますので、タイヤの空気れにも使えます。「軽くて、片手で操作できる空気入れを探している」そんな方におすすめしたい商品です。

【参考価格(Amazon)】
6,000円

みんなの感想は?(口コミ)

これまで自転車、単車、車の日常の空気圧調整には足踏み式の物を使っていました。まぁ、シンドイし、そもそも倉庫から空気入れを出してくるのが面倒でしたね・・。コンプレッサーもありますが、準備と片付けはホントに面倒です。そんな訳で「使えたらうれしいなぁ」位の期待でこの商品を購入。

まず音。これはそれなりにします。ただ、「うるさい!」って程ではありません。深夜早朝でなければ、普通に使っても文句などは出ないと思います。次に一番大事な「空気が入るのか」です。だが、入る。入るんです!!。自転車や単車ならスグでした。タイヤの空気入れでこのパワーを実感していますので、浮き輪やウォーターベットならすぐに膨らむと思いますよ。

⑦【YANTU】 エアーコンプレッサー

浮き輪 電動空気入れ
横10cm、高さ14cmのコンパクトサイズ

浮き輪 電動空気入れ
持ち運び便利!

浮き輪 電動空気入れ
色々な用途に使えます

【最大圧力】
150psi

【主な用途】
タイヤ、ボール、浮き輪

【商品の特徴】
かばんにすっぽりと入るコンパクトサイズが魅力な空気入れです。キャンペーンを展開中で、通常16,000円のところ、半額の価格で販売しています。(もしかしたら、今この瞬間はキャンペーンが終了してしまっているかも知れません・・。)コンパクトですがパワー十分!。コンパクトサイズの電動空気入れを探している方におすすめですよ。

【参考価格(Amazon)】
7,980円

みんなの感想は?(口コミ)

タイヤの空気入れというと、セルフスタンドに置いてある大型のプロ用や、足踏み式をイメージしますが、この商品は愛車のトランクに常備しておけるコンパクトな円柱型のデザインで、かわいらしくて気に入ってます!

電動で軽量(730g)、充電式だからどこでも持ち運べて、車のタイヤ1本を約60秒で満充填できるほどパワフル。自転車やバイクのタイヤにも使えます。圧縮空気を作るコンプレッサーの作動音が小さく、振動が少ないのもうれしいポイント。空気圧が液晶表示で見やすく操作も簡単ですよ。

まとめ

電動空気入れは、浮き輪以外にも、ビーチボールやウォーターベットに使えます。スマートフォンの充電が可能なタイプもあります。

もちろん、空気を入れるだけではなくて、抜くこともできますので、ビーチに一台持っていくと便利ですよ。

「ビーチ以外でも、バイクの空気入れとかでも使いたいな」という方は、様々なシーンに対応できる高性能な空気入れがおすすめです。「ビーチだけで十分!」という方はコンパクトタイプ一択です!商品としては、RUNACC、YANTUUあたりがおすすめです。

今回ご紹介した中で気になる商品がありましたら、ぜひチェックしてみて下さいね。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. インテリア

    お部屋がリゾートに!?オシャレすぎるカリフォルニアスタイル雑貨10選
  2. ビーチバッグ

    ファッション

    タウン使いもOK!オシャレで便利なビーチバッグBEST15
  3. 浮き輪 サイズ

    デイリーライフ

    あなたは知ってる!?意外と知らない浮き輪の正しいサイズと選び方
  4. オーシャンビューの画像

    旅行・おでかけ

    知らなきゃ損する!オーシャンビューとオーシャンフロントの違い
  5. 機能とデザインを兼ね備えたおすすめガーデンパラソル10選

    デイリーライフ

    機能とデザインを兼ね備えたおすすめガーデンパラソル10選
PAGE TOP