サーファーが愛用する人気アクセサリーブランドをご紹介

ファッション

サーファーが愛用する人気アクセサリーブランドをご紹介

カリフォルニアスタイルに代表されるように、独自の世界観で新しいファッションの形を作ってきたサーファー達は身につけるアクセサリー類も注目を集めてきました。サーフィン文化に根付いたアクセサリーブランドも多く誕生しています。そこで今回はその中でも厳選してサーファーに人気のおすすめアクセサリーブランドをご紹介します。

目次

サーファーはどんなアクセサリーをつけているか

サーファーはどんなアクセサリーをつけているか

出典:BICO

サーファーの方々は当然ですが海が好きで、自然を愛しているので、それらをモチーフにしたデザインのブランドを好んで身につけます。また、サーフィンの時にわざわぜ外さなくてもよいように「激しい運動でも外れない」「海水で錆びたりしない」なども選ぶ時の重要なポイントとなっています。そして、サーファーの方々の多くは自身のライフスタイルを大事にしており、身につけるアイテムも、そのブランドの背景に共感できるものを選ぶ傾向が強いと言われています。「どんな想いでどんな人が作っているブランドなのか」を大切にしています。

人気ブランド①BICO(ビコ)

サーファーのアクセサリー BICO(ビコ)

出典:BICO

サーフィンが盛んなオーストラリア発祥のアクセサリーブランド「BICO」。海をモチーフに、色彩豊かな色合いが目を引くデザインは世界のサーファーに愛されています。シリーズは3種類。すず合金をベースにカラフルなデザインを施した「EPOXY」、海から連想させる波や太陽などを形どった「PEWTER」、スワロフスキーを施した高級感のある「SWROVSKI」。デザイン以外にも、使用されている「ピューター」と呼ばれる素材と丁寧に施されたコーティング加工は丈夫で汚れがつきにくく、錆びにくくい仕様となっており、「身につけたままそのままサーフィンを楽しめる」と、サーファーから好評を得ています。

BICO EPOXY BPA301

サーファーのアクセサリー BICO(ビコ)
BICOの素材「ピューター」は、錫(すず)を主体とした合金で、錆びや耐変色性に強い特徴を持っていてマリンスポーツに最適です。カラフルなエポキシをはめ込んだシリーズです。

BICO EPOXY BPA325

BICO EPOXY BPA325

人気ブランド②PURAVIDA(プラヴィーダ)

人気ブランド②PURAVIDA(プラヴィーダ)

PURAVIDAは2人の男性がコスタリカの旅行中、街の貧しい様子を見て、街のために仕事を創出して、暮らしを少しでも豊かに出来ないかという思いから2010年にサンディエゴで立ち上げた社会貢献ブランドです。ひとつひとつコスタリカでハンドメイド生産されています。PURAVIDAはコスタリカで挨拶やお礼の言葉として日常的によく使われる言葉です。スペイン語で、PURAは「ピュア・純粋」を、VIDAは「人生・命」を意味しており、PURAVIDAのブランドはシンプルなライフスタイルを提案しています。ロサンゼルスのサーファーから火がつき、ロンハーマンをはじめとする世界中で700店以上のサーフショップやセレクトショップなどで販売されています。ブランドの背景に共感するファンが多く、デヴィッド・ベッカムなども芸能人も御用達であることでも知られています。

B.E.A.C.H. – Marine Debris Solutions

 PURAVIDA B.E.A.C.H. - Marine Debris Solutions

Beaded Collection

PURAVIDA Beaded Collection

人気ブランド③DOUGHNUT NECKLACE(ドーナツネックレス)

人気ブランド③DOUGHNUT NECKLACE(ドーナツネックレス)

DOUGHNUT NECKLACEは日本初のサーファーの為に作られたアクセサリーブランドです。その名の通り‘リング ドーナツ状になっているのが特徴です。「海でつけれるアクセサリー」をコンセプトに、速乾性に優れた糸を使用したハンドメイドのアクセサリーです。ひとつひとつにシリアル№が入っているのも好評を得ています。

人気ブランド④GET BACK SUPPLY(ゲット・バック・サプライ)

人気ブランド④GET BACK SUPPLY(ゲット・バック・サプライ)

出典:MIC@WEB

GET BACK SUPPLY (ゲット・バック・サプライ)は、1998年にカリフォルニアで生まれたサーファーなら知らない人はいないと言われるアクセサリーブランドです。このブランドの元となっているのは、その昔、川や海辺を渡る旅人を手伝っていたとされる伝説の巨人「セント・クリストファー」が描かれたメダルがお守りとして祀られていたことに由来します。60年代になると、サーファー達はセント・クリストファーのメダルをお守りとしてアクセサリーにして、身につけていたそうです。この風習を復活させようと生まれたのが「GET BACK SUPPLY」で、お守りとして愛用するサーファーが増えています。

GET BUCK SUPPLY ゲットバックサプライ MEDIUM St.CHRISTOPHER NECKLACE AQUA/WHITE

GET BUCK SUPPLY ゲットバックサプライ MEDIUM St.CHRISTOPHER NECKLACE AQUA/WHITE

サーフィンの時でも着脱不要な人気アクセサリーを身に着けてサーフィンを楽しみましょう

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. この夏ビーチに持っていきたい、おしゃれ便利なクーラーボックス9選

    デイリーライフ

    この夏ビーチに持っていきたい、おしゃれ便利なクーラーボックス9選
  2. 沖縄で絶対楽しみたいダイビングですが沖縄にはダイビングスポットが約100箇所近くあり、どこで潜るか悩んでしまいます。そこで今回は沖縄本島に絞って、おすすめのダイビングスポットを厳選して7箇所紹介します。

    ダイビング・シュノーケリング

    沖縄本島で人気のダイビングスポット特集!おすすめスポット7選
  3. 熱海で海が臨める絶景オーシャンビューのお宿BEST10

    旅行・おでかけ

    熱海で海が臨める絶景オーシャンビューのお宿BEST10
  4. サーフキャリアの正しい使い方と人気ブランドのおすすめ7選

    サーフィン

    サーフボードも楽々!ルーフキャリア(サーフキャリア)のおすすめ7選
  5. カリフォルニアスタイルラグの画像

    インテリア

    部屋をリゾートに!カリフォルニアスタイルのおすすめ西海岸ラグ10選
PAGE TOP