サーフィン後の後片付けが驚くほど楽になるおすすめバケツ7選

サーフィン

サーフィンに行くならバケツは絶対!後片付けが驚くほど楽になるバケツ7選

サーファーの必需品、それはサーフボードでもウェットスーツでもありません!・・・『バケツ』!!サーフィンに行く際にはぜひ、バケツを持って行ってください。サーフィンを終えた後の着替えや後片付けが驚くほど楽になります。今回はそんなバケツの中で、サーフィンにおすすめのバケツをご紹介します!

目次

サーフィンにバケツってどうゆうこと?

サーフィン バケツ

出典:amazon

「バケツがサーフィンにどう活躍するの?」
って思った人もいるかもしれませんが、サーフィンだけに限らず、ダイビングやジェットスキーなどのマリンスポーツ、さらには海水浴でもバケツを持っていくと非常に便利です。

バケツを使えば、水で濡れたウェットスーツや水着を地面に置いて汚すことなく、持ち帰ることができ、そのまま洗うことが出来てしまいます。車も汚すことがないので、とっても便利です。

バケツの使い方

サーファーの画像
上の写真のように砂浜でウェットスーツを脱ぐとどうなるでしょう。ウェットスーツに多くの砂が付いて、家に帰ってから洗うのがとても大変になってしまいます。

そうならないためにバケツが必要なのです。

バケツは大きめの物を準備しましょう。なぜなら、着替えの際にバケツに足を入れてウェットスーツ・水着を脱ぐからです。そうすることで、脱いだウェットスーツなどを地面に置いて砂や汚れが付いてしまうという鬱陶しさから解放されます。

その他の濡れた物、洗濯する物もそのままバケツに入れるだけ。こうすることで、車も汚すこと無く、簡単に素早く帰り支度ができます。帰ったらウェットスーツはバケツに入れたまま手洗いすれば良いので、手入れもとっても楽です。

バケツがあると、帰り支度だけでなく、家に帰ってからの後片付けまで楽になっちゃうんです。

おすすめのバケツ7選

SPACE JOY タブトラッグス Lサイズ

SPACE JOY タブトラッグス Lサイズ
サイズ:直径44.5×高さ37cm
ポップで可愛いだけでなく、その多機能性から世界中で選ばれているバケツです。日本の玩具安全基準をはじめ、様々な検査にも合格している品質でサーフィンの時の着替えたウェットスーツを入れるのに使用するだけでは勿体無いくらいのバケツです。

GUM スタイルバケット スクエアM

GUM スタイルバケット スクエアM
サイズ: 横幅約435×奥行約370×高さ約300mm
水・汚れに強く、ウェットスーツ入れに最適です。

TOOLS ウォーターボックス

TOOLS ウォーターボックス
 サイズ: 約W50×H37×D35cm
中に足を入れるのに充分な大きさです。

ゴリラタブトラッグス フレキシブルバケツ Lサイズ

ゴリラタブトラッグス フレキシブルバケツ Lサイズ
サイズ:上部直径約45cm 高さ約32cm
素材:リサイクルポリエチレン100%
足をバケツの中にいれ着替えのときの敷物として使うのに充分のサイズ。便利な手付きで、持ち運びも楽々です。

スタックストー 収納ボックス baquet (バケット) 40L

スタックストー 収納ボックス baquet (バケット) 40L
サイズ:幅41×奥行41(底部34×34)×高さ33cm
ポリエチレン素材で、水や氷を入れてクーラーボックス代わりに使えるくらい耐水性に優れており、濡れたウェットスーツや水着を入れるのに最適です。女性ならもう一回り小さいMサイズでも充分かもしれません。

The Friendly Swede 折りたたみバケツ

The Friendly Swede 折りたたみバケツ
16Lサイズ: 直径30cm 高さ25cm。
耐久性に優れた500D PVCターポリン生地を使用し、さらに人体と環境への安全を考慮してBPAフリーとなっています。取っ手が淵の両側と後側に合計3つ着いてるので持ち運びしやすいのが特徴。折り畳み可能なのでコンパクトになり、嵩張ること無く持ち運び可能です。

Freegrace メッシュポケット付きプレミアム折り畳み式バケツ

Freegrace メッシュポケット付きプレミアム折り畳み式バケツ
 23Lサイズ:33cmx27cm (540g)
収納場所に困らない折りたたみ式のバケツ。厳しい品質管理基準をクリアした耐久性を誇り、有害なBPA不使用の素材を使用しています。

サーフィンにバケツを持っていくのがどんなに便利かわかっていただけましたでしょうか。ぜひ、これからはバケツを持っていってサーフィン後の着替え・後片付けのの手間から解放されてください。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. マリンシューズ

    ファッション

    【メンズ】水中も快適!フィット感に病みつき人気マリンシューズ7選
  2. ビーチコーミング貝殻の画像

    デイリーライフ

    浜辺でお宝発見!?話題のビーチコーミングを楽しもう
  3. 大人がハマるマリンレジャー「ヨット」の魅力とは!?

    マリンスポーツ・レジャー

    大人がハマるマリンレジャー「ヨット」の魅力とは!?
  4. サーファーが愛用しているサーフィンにおすすめの日焼け止め7選

    サーフィン

    サーファーが愛用しているサーフィンにおすすめの日焼け止め7選
  5. マグロの種類と部位を知ればマグロがもっと美味しくなる!?

    グルメ

    マグロの種類と部位を知ればマグロがもっと美味しくなる!?
PAGE TOP