サーファーが愛用しているサーフィンにおすすめの日焼け止め7選

サーフィン

 

投稿日時:

最終更新日: 2020.06.21

サーファーが愛用しているサーフィンにおすすめの日焼け止め7選

海は遮るものがなく海面や砂浜の照り返しもあって、とても日焼けしやすい場所です。「サーフィンを楽しみたいけど日焼けが気になる」という方も多いのではないでしょうか?肌にダメージが蓄積されると、シミ・シワの原因になります。

そこで今回は、日焼け止めの仕組みとサーファーにおすすめの日焼け止めをご紹介します。

目次

日焼け止めとは?

サーフィン 日焼け止め
日焼けとは、皮膚が紫外線を浴びることで赤くなるサンバーン(sunburn)と、メラニンが皮膚に蓄積されるサンタン(sun tanning)を合わせた言葉です。

誰しも日焼けの経験があるかと思いますが、「2つの意味合いがある」ことは日焼け止め選びの重要なポイントになりますので、しっかりと抑えておきましょう。

日焼け止めを選ぶポイントは次の2つです。

  • SPF/PA
  • 種類

順番に見ていきましょう。

日焼け止め選びのポイント①(SPF/PA)

サーフィン 日焼け止め
「日焼け止めは強い方がいいのでは?」

そう思っている方、ちょっと待ったです!!

日焼け止めは、そのアイテムのUVカット効果の強さを「SPF」と「PA」という数字で表します。この数字は高いほど紫外線ケア効果が高くなりますが、必ずしも「高ければ高いほどいい」というわけではありません。日焼け止め効果が高くなると、お肌への負担も大きくなるといわれています。用途に合わせて使用する日焼け止めを選ぶことが大切です。

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、「どのくらいの時間、紫外線の影響を抑えられるか?」を示す指標のことです。数値が高い方が、紫外線から肌を守ってくれる時間が長くなります。日光を2時間以上浴びる場合は、SPFが30以上が望ましいです。日焼け止めを選ぶ時の参考にしてください。

PAは「Protection Grade of UVA」の略で、「紫外線A波を受けて、皮膚が黒くなるまでの時間をどれだけ引き延ばせるかの数値」です。「+」多いほど効果が高くなります。

日焼け止め選びのポイント②(種類)

日焼け止めには、

  • クリームタイプ
  • スティックタイプ
  • ローションタイプ

の3種類があります。

クリームタイプ

クリームタイプは「皮膚に浸透しやすい」性質があります。半面、水の影響を受けやすいので、濡れた手では使いにくいという欠点があります。しっかりと水気を切った手で使うようにしましょう。

【パックスナチュロン】UVクリーム

サーフィン 日焼け止め

スティックタイプ

クリームタイプを塗りやすくしたタイプ。持ち運びが便利で、濡れた手でもOK。特に顔に塗るときに重宝します。

【BRISA MARINA(ブリサ マリーナ)】日焼け止め

サーフィン 日焼け止め

ローションタイプ

水に入らないのであれば、さらっと塗れるローションタイプがおすすめです。クリームに比べると浸透力が弱まるので注意が必要です。

【PEACE WAVE(ピースウェーブ)】UVローション

サーフィン 日焼け止め

おすすめの日焼け止め9選

ここでは、おすすめの日焼け止めを9点ご紹介します。

実際に使っている方の口コミも載せていますので、日焼け止め選びの参考にしてみてくださいね。

①【vertra(バートラ)】 FaceStick

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
スティック

【参考価格(Amazon)】
3,300円

【商品の特徴】
皮膚癌財団も推奨する、世界のプロサーファー達が愛用している日焼け止めです。防水効果が高く、ベタつかないと大人気。スティックタイプは、特に顔などのデリケートな部分に塗りやすいですし、持ち運びもカンタンです。一本は常備しておくと色々な所で使えて便利ですよ。

みんなの感想は?(口コミ)

この日焼け止め、至上最強です。これに勝るアイテムがあったら教えて欲しい。サーフィン場合、南の島灼熱地獄から身を守るための必須アイテム!スティックタイプなので塗りやすいのも助かってます。

顔だけは焼けないようにと、これを試しました。おかげさまで、南の島に旅行に行ったのがバレませんでしたよ。(笑)

1ラウンド入ってちょうど取れるくらいでGOOD!

②【NALC(ナルク)】日焼け止め

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
ジェル

【参考価格(Amazon)】
2,729円

【商品の特徴】
保湿成分「ヒアルロン酸」が入っているので、日焼けをケアしながら同時にお肌のケアができます。数年後のお肌のことを考えて作られていて、特に美容意識の高い女性サーファーに大人気。インスタグラムでも紹介されるなど、注目の高い日焼け止めです。

みんなの感想は?(口コミ)

日焼け効果はまだわかりませんが、日焼け止め独特のにおいが全くなくおすすめです(*⁰▿⁰*)時間が経ってもないです。ただSPF50だから?か、突っ張った感じは少しありますが、私は日焼け止めのにおいがとにかく嫌いなのでこの日焼け止めありがたいです。またリピします(゚∀゚)

伸びかよく、使いやすいです。ニオイも気になりません!

よくお肌に馴染みます。ジェルだとお肌の上に浮いた感じで付くことがあるのですが、そんなことはなく、ウォータープルーフなのにしっとりです。

③【ビオレ】スキンアクア(SKIN AQUA)

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
ジェル

【参考価格(Amazon)】
745円

【商品の特徴】
猛暑でもべたつかない使い心地が話題の商品です。ジェルタイプで塗りやすく、ウォータープルーフなのでしっかり水をはじいてくれます。さらに、お値段もリーズナブル。「絶対に焼きたくない!」と考えているサーファーにおすすめの日焼け止めです。

みんなの感想は?(口コミ)

無香料、無着色、鉱物油フリー。一見ミルクっぽいですが、伸びが良くてサラっとした着け心地で、白くなりません。二層式の日焼け止めと違って、液だれしにくいし、きしまず使いやすいし、石鹸で落とせるウォータープルーフタイプです。光耐久技術が使われていて、光によるUVカット機能の低下も起こりにくいとのことで、安心して使えます。

べたつかず、使い心地がいいジェルタイプの日焼け止めです。肌にムラなく塗れて汗で流れないので、焼けムラが生じず安心です。幼児も使える低刺激の安心ジェルです♪

去年の夏、いろいろな日焼け止めを試しましたが、結局はスキンアクアばかり使うようになりました。もっと高いのや、肌に優しいとかいろいろな謳い文句のものはあったのですが・・、肌に張り付いて毛穴を塞ぐような不快感や塗っても消えない白浮きなど、それぞれ気に入らないところがありました。スキンアクアは塗ってすぐさらっとするし、毛穴を塞ぐような不快感も、白浮きもなく、それどころか肌がしっとりしていい感じになります。

④【ビオレ】アスリズム

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
ローション

【参考価格(Amazon)】
1,300円

【商品の特徴】
化粧品ブランドBioreのUVケア「アスリズム」。ウォータープルーフでありながら化粧下地にもなるという、特に女性サーファーからの人気が高い特徴を兼ね備えています。SPF50+なので、しっかりと日焼けを防止してくれます。

みんなの感想は?(口コミ)

仕事柄、紫外線を年中大量に浴びるので日焼け止めが必須なのですが、汗をかいたり汚れで肌傷がつくので塗り直しがなかなか出来ないのが難点でした。この商品は、先ず塗り心地がかなり良く、白浮きもありませんでした。
塗った後もベタベタならないので、とっても気に入りました!

評価が高いので購入してみました。使用感は、アリーのジェルの日焼け止めにかなり似ていますね。元々アリーのジェルUV愛用していたので、良かったです。するするーと伸びてムラなく綺麗に塗れるので、日焼け止め効果も高いんじゃないかな?ベタベタせず、皮膜感もありません。時間が経つと、逆に乾燥するかも。

香りは、これもまた、アリーの期間限定のプルメリアの香りの日焼け止めの香りにソックリ!アリーのをもう少し穏やかな香りにした感じ。日焼け止め特有の香りがしないのは良いです普段SPFの高い日焼け止めを使っても日焼けしてしまうのですが、これは本当に焼けないです。普通のビオレより少しお値段は高いですが、これでこの効果なら満足です。

⑤【WHITH WHITE(フィス ホワイト)】日焼け止めクリーム

サーフィン 日焼け止め

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
クリーム

【参考価格(Amazon)】
1,680円

【商品の特徴】
内最強スペックのSPF値とPA値の日焼け止めで、本来の美しさを保ってくれます。さらに、お肌に優しい成分配合で、せっけんで優しく洗って落とせます。企画、製造、販売全てが日本人、日本法人なので、安心の国産品質もうれしいポイントです。

みんなの感想は?(口コミ)

アウトドアデートに向けて、日焼けを気にする彼女用に購入しました。塗ってからすぐにサラサラになり、匂いも気になるようなキツイものではなく、ふわっといい匂いで大好評でした。

今まで使用した日焼け止めの中で、一番肌への塗り心地が良かったです!!匂いは無臭ではありません。爽やかなハーブ系の香りで、個人的には好きな匂いでした。肌に塗ったら匂いはすぐに揮発するので、あまり気にならないです。コスパも良いし、リピする予定です( ^ω^ )

やわらかなチューブで、必要量を出しやすいです。伸びがよく白くならず、ベタつきも乾燥もありません。手頃な価格で使用感がとても良いので、また購入したいです。

⑥【Dr Jart+(ドクタージャルト)】Every Sun Day Sun Stick

サーフィン 日焼け止め

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
スティック

【参考価格(Amazon)】
3,100円

【商品の特徴】
すべすべ、サラサラプライマーソンスティク。肌のキメを滑らかにフィラー粉末が含有されており、化粧前に使用すると、皮膚の凹凸をカバーしてくれてつやつや活気のあるメイクアップ演出に役立ちます。随時につけるて、重ねても凝りない軽さメイクアップ状態でも何回も塗り替っても凝りや密林現象がなく、軽いが、強力な紫外線遮断指数で紫外線から肌を安全に守ってくれます。

みんなの感想は?(口コミ)

女優の本田翼ちゃんがおすすめしてたスティック日焼け止めで、欲しくてすぐ買いました!下の白い部分を回せば出てきたりさげたりできるし手を汚さずに顔に直塗りできる優れもの。メイクの上からも塗れるのでかなり最高です!皮膚科医たちが作った韓国コスメでとても人気らしいです。赤くなりやすい肌ですが荒れませんでした。リピ予定です!

なかなかいいです!コロナの為、商品が届くのに時間がかかったけど、使ってみてそんなイライラが吹っ飛びました。

使いやすく、塗りやすく、可愛いいので気に入っています。ポーチに入れ持ち歩いています。

⑦【Maneuverline(マニューバーライン)】SAFE SEA

サーフィン 日焼け止め

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50/PA++++

【タイプ】
ローション

【参考価格(Amazon)】
2,297円

【商品の特徴】
「クラゲに刺されにくくなる・・」何とも個性的な特徴の日焼け止めです。この商品を使った多くの方が効果を実感しています。「クラゲ対策したいな」と考えている方にぴったりの日焼け止めです。

みんなの感想は?(口コミ)

夏になったら必ず毎週通う日本海のとある海水浴場。ロケーションも、水質も最高なのですが、チクっと痛いんです。その年、その日の潮流にもより多い少ないはありますが、必ずクラゲがいます。小さくて四角い4本足のヤツです。 あちこちでこどもが泣いてるときもります。でもこれを塗るとまったく刺されません。これなしではここの海には入れません。

モルディブでシュノーケリングするとき、よくプランクトンに刺されて大変だったので、こちらを使ってみたら、本当にプランクトンに刺されなくて驚きました。日焼け止め効果も十分あると思います。もっと早くに使っていればよかったかも。

8月末から9月末ぐらいまで、シュノーケリング時に使用していますが、
確かにクラゲに刺されずらくなります。ちょっとお高いですが。せいぜい週1回か2回の使用なのでコスパいいと思います。

⑧【BRISA MARINA(ブリサ マリーナ)】日焼け止め

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50+/PA++++

【タイプ】
スティック

【参考価格(Amazon)】
2,393円

【商品の特徴】
スティックタイプなので持ち運び便利。さらにミラーが付いているので、細かな所を確認しながら塗れます。

みんなの感想は?(口コミ)

日焼け上級者向けの日焼け止めといった感じ。ガッツリドウランを塗っているような仕上がりなので見た目を気にしないで、とにかく真夏に海に入りまくるような肌を酷使するようなディープサーファーなどにはオススメ。落ちにくいので効果あり。

サーフィン用に使用。以前は白いタイプのものを使ってましたが、バカ殿みたいで目立つし、ブラウンは全然目立たないので、助かります、効き目も十分、顔が赤くなったり、皮がむけることもなくなりました。ただ終わった後よく落とさないと、Tシャツなどに、色が付いてしまうので、注意が必要です。

毎週のサーフィンで使用しています。手も汚さないで使え色も自然で海でも落ちにくく重宝してます。

⑨【BRISA MARINA(ブリサ マリーナ)】アスリートプロEX UVクリーム

サーフィン 日焼け止め

【SPF/PA】
SPF50/PA++++

【タイプ】
クリーム

【参考価格(Amazon)】
2,500円

【商品の特徴】
BRISA MARINAのクリームタイプ。全身に塗りたいなーと思ったときはクリームタイプがおすすめです。

みんなの感想は?(口コミ)

今まで色んな日焼け止め使用してきましたが、コレが一番焼けない。サーフィンの過酷な環境でも耐水性も問題無し。焼きたくない人、是非!!

最高です!!サーフィン用に購入しました。洗顔2回位しないと落ちない位、水に強いです。そして全然焼けてない!!プール、海には、コレしかない!無くなったらまた買います。でも、量使わないから無くならない!!笑

ボディボード用に購入しました。しっかり塗ると真っ白になるので、こすれたりして落ちた所が分かって、塗り直すのにラク♪(^^;)普通の洗顔フォームではなかなか落とし辛いので、クレンジング用のコットンであらかた拭き取ってから、洗顔したらスッキリ落ちました。つっぱる感じも無いので肌にも優しいと感じています。

まとめ

日焼け止めには、SPF(ヒリヒリと赤くなるまで延ばせる時間。SPF1=20分)と、PA(黒くなってしまう原因をいかにカットできるか)が記載されています。この2つのポイントを意識して選びましょう。

サーフィンをするなら、SPFの数値が高くPAの+が多いものが望ましいですよ。しっかりサンブロックして、美肌サーファーになりましょう!

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. パドリングの画像

    サーフィン

    動画で学ぶ!サーフィンのパドリングの基本と練習方法
  2. カリフォルニアスタイルラグの画像

    インテリア

    部屋をリゾートに!カリフォルニアスタイルのおすすめ西海岸ラグ10選
  3. ビーチサンダルの画像

    ファッション

    【レディース】人気ブランドのおすすめビーチサンダル11選
  4. ロレックスの海好きのためのスポーツウォッチ「ヨットマスター」の魅力

    ファッション

    ロレックスの海好きのためのスポーツウォッチ「ヨットマスター」の魅力
  5. 気分はイルカ!?最新マリンレジャー「SEABOB」に注目

    マリンスポーツ・レジャー

    気分はイルカ!?未体験の爽快感を味わえる最新マリンレジャー「SEABOB」に注目…
PAGE TOP