浮き輪 サイズ

デイリーライフ

あなたは知ってる!?意外と知らない浮き輪の正しいサイズと選び方

あなたは、自分に合った浮き輪のサイズを知っていますか?

浮き輪なんてどのサイズも一緒だと思っている方もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

正しいサイズの浮き輪を選ばずに海に出ると、思わぬ事故に遭うこともあります。

そのため、浮き輪は必ず、自分に合ったサイズのものを選びましょう。

今回は、正しい浮き輪のサイズと選び方について説明していきます。

目次

浮き輪の正しいサイズとは

浮き輪には直径45cmから130cmまで、実に12種類のサイズがあります。

45cmから80cmまでの小さいサイズは5cm刻み、80cmから130cmまでの大きいサイズは10cm刻みです。

浮き輪にはつける人によって、それぞれ適正なサイズというものがあります。

体に合わない大きなサイズの浮き輪を使うと、すっぽ抜けてしまいますし、小さなサイズを使うと窮屈になってしまいます。

特に小さな子どもに、体よりも大きなサイズの浮き輪をつけさせた場合、親が目を離した隙に、すっぽ抜けて溺れてしまう危険があるので注意が必要です。

小さなサイズを選択した場合でも、波に飲まれてひっくり返り、頭と足が逆さまの状態で浮き輪から抜けられなくなるケースもあります。

このように、体に合わないサイズの浮き輪をつけて海やプールで遊ぶのは非常に危険なことなのです。

その点、体のサイズに合った浮き輪をつければ、体がすっぽ抜けることもありませんし、転覆して逆さまの状態になってしまっても浮き輪から抜け出せます。

そのため、浮き輪は体に合った正しいサイズを選択するようにしましょう。

では次から、浮き輪の正しいサイズについて説明していきます。

子ども用の浮き輪の正しいサイズ

まずは、子ども用の浮き輪のサイズから見ていきましょう。

浮き輪のサイズは、つける人の胸囲によって決まります。

胸囲ごとの子供用の浮き輪の正しいサイズは、以下のとおりです。

浮き輪 サイズ

胸囲 浮き輪のサイズ 胸囲 浮き輪のサイズ
49cm 45cm 58cm 60cm
54cm 50cm 62cm 65cm
56cm 55cm 66cm 70cm

子ども用の浮き輪の場合、胸囲が56cm以下なら、それより少し小さめのもの、胸囲が58cm以上なら、それより少し大きめのものが適正なサイズです。

大人用の浮き輪の正しいサイズ

続けて、大人用の浮き輪のサイズについても見ていきましょう。

胸囲ごとの大人用の浮き輪の正しいサイズは、以下のとおりです。

浮き輪 サイズ

胸囲 浮き輪のサイズ 胸囲 浮き輪のサイズ
70cm 75cm 80cm 100cm
74cm 80cm 85cm 120cm
78cm 90cm 85cm~ 130cm

大人の場合、胸囲が74cm以下なら、それより少し大きめの浮き輪、胸囲が78cm以上なら、それより10cm以上大きい浮き輪が適正なサイズです。

浮き輪を選ぶときのポイント

現在は通販でも、浮き輪を購入できます。

しかし正しいサイズの浮き輪を選ぶためには、通販よりも、実際に店で購入するのがおすすめです。

浮き輪を売っている店のなかには、浮き輪を試着できるところもあります。

イオンなどの大型のショッピングセンターや、東京サマーランドなどの大型のプールがあるレジャー施設では、浮き輪の試着ができます。

小さな子どもに浮き輪を買う場合は、こうした店で試着をさせて、体にフィットするか確認してから購入するとより安全です。

浮き輪の種類

浮き輪 サイズ

一口に浮き輪と言っても、色々な種類があります。

種類によっては、オーソドックスな浮き輪より安全な物もあります。

ここでは、主な浮き輪の種類と、それぞれの特徴について説明していきましょう。

ドーナツ型

ドーナツ型は、最もオーソドックスなタイプの浮き輪です。

ドーナツ型の浮き輪は、先ほども説明したとおり、サイズが合わないと抜け落ちてしまう危険があるので、小さな子どもにはあまりおすすめできません。

アームリング

「アームリング」は、両腕に通して付けるタイプの浮き輪です。

アームリングはドーナツ型の浮き輪と違って、すっぽ抜けたり、転覆する危険がありません。

そのため、小さい子どもにはアームリングのほうがおすすめです。

フロート

「フロート」は体に通さずに、直接乗るタイプの浮き輪です。

フロートは大人用のほかに、赤ちゃん用のものもあります。

赤ちゃん用のフロートには足を入れる穴が開いていて、座りながら乗ることができます。

フロートは転覆しやすいので、必ず浅瀬で使うようにしましょう。

まとめ

浮き輪には、つける人の体に合った、正しいサイズというものが存在します。

正しいサイズの浮き輪をつけないと、すっぽ抜けたり、転覆した時に抜け出せなくなったりして、溺れてしまう危険があります。

そのため浮き輪は、必ず自分や子どもに合った、正しいサイズのものを選択しましょう。

胸囲ごとの正しい浮き輪のサイズは、以下のとおりです。

胸囲 浮き輪のサイズ 胸囲 浮き輪のサイズ
49cm 45cm 70cm 75cm
54cm 50cm 74cm 80cm
56cm 55cm 78cm 90cm
58cm 60cm 80cm 100cm
62cm 65cm 85cm 120cm
66cm 70cm 85cm~ 130cm

正しい浮き輪を着用して、安全に水遊びを楽しみましょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 大人がはまる趣味「カヤックフィッシング」の魅力、教えます!

    デイリーライフ

    大人がはまる趣味「カヤックフィッシング」の魅力、教えます!
  2. あなたは縦置き派?壁掛け派?サーフボードラックのおすすめ9選

    インテリア

    あなたは縦置き派?壁掛け派?サーフボードラックのおすすめ9選
  3. デイリーライフ

    [Type Sea厳選]Amazon Prime Day おすすめ商品 2018…
  4. 機能とデザインを兼ね備えたおすすめガーデンパラソル10選

    デイリーライフ

    機能とデザインを兼ね備えたおすすめガーデンパラソル10選
  5. 【初心者必見】サーフィンを始める前に知っておくべきサーフィン知識

    サーフィン

    【初心者必見】サーフィンを始める前に知っておくべきサーフィン知識
PAGE TOP