サーフィン デッキパッド

サーフィン

サーフィンデッキパッドの貼り方&おすすめ7選

より快適なサーフィンを目指すための人気アイテム「デッキパッド」の貼り方と剥がし方をわかりやすく簡単にご紹介します!何年も同じデッキパッドを貼ったままにしていませんか?凹凸が取れてグリップの性能がおちていませんか?サーフィンのデッキパットは自分で簡単に張り替えが可能。人気のデッキパットをいくつかピックアップしていますので、是非参考にしてみてください。

目次

サーフィン デッキパッドとは

サーフィンボードに貼るデッキパットの役割は、「滑り止め」と「グリップの向上」の主に2つ。
テイクオフの際に足が滑りにくくなり、また、グリップ強化で鋭いターンがけ目やすくなるといった効果が期待できます。

ワックスをたくさん塗らなくてよくなるのもメリットの一つですね。
初心者の方には、テイクオフがしやすく立ち位置の把握も容易になるでしょう。

ただ、本来のデッキパットの目的は、上級者がターンの性能を更に極めるために考案されたもの。
初心者の方には利用価値が高い優れたアイテムですが、基礎を身につける過程を飛ばしてデッキパットに頼ってばかりいると、不格好なサーフィンスタイルが身についてしまう事も。

正解や不正解がないのがサーフィン。
でも、せっかくならサーフスタイルはクールな方が良いですよね。
初心者の方は、そういったデメリットも意識しながら利用してみると良いでしょう。

サーフィン デッキパッドの貼り方と剥がし方

貼り方

【準備するもの】
新しいデッキパット
ワックスリムーバー
ティッシュ

【貼り方の手順】
1. デッキパットを貼る部分を、ワックスリムーバーできれいに拭き取る。最後に乾いたティッシュでワックスリムーバーもきれいに拭き取りましょう。

2. ボードのどの位置にデッキパットを貼るのか決める。貼り方は自由ですが、初心者の方はオーソドックスに後ろ足を置く部分のセンターに配置するのが良いでしょう。リーシュカップが隠れないよう気を付けてください。

3. おおよその位置を決めたら、鉛筆などで簡単に印をつけておくと失敗しにくいです。デッキパットの裏面に貼られているシールをはがし、印に合わせて丁寧に貼っていきましょう。最後は、貼ったデッキパットがずれないよう、手のひらで圧着してください。(ボードが壊れないよう力加減は考慮してください)

サーフィンのデッキパットは、性能やデザインが毎年リニューアルされています。サーフィンボードの購入時にデッキパットを貼ってもらって、数年間そのままという人もちらほら見かけますよね。

古いデッキパットを張り替えたい方もいらっしゃると思うので、剥がし方も一緒にご紹介します。

剥がし方

【準備するもの】
ドライヤー
ティッシュ
ワックスリムーバー
ワックススクレーパー

【剥がす手順】
1. 剥がす部分をデッキパットの上からドライヤーで温める。少しずつ熱をあてながら糊を溶かしていくイメージです。温まった部分を剥がし、また熱をあて剥がす…を繰り返します。ピンポイントで熱をあて続けるとボードの塗装がはがれてしまう可能性があるので注意してください。

2. すべて剥がし終わったら、ボードにこびりついた糊を剥がす作業に移ります。こびりついた糊の上にティッシュをかぶせ、ワックスリムーバーを上からかけて数分浸してください。

3. 数分放置した後、ティッシュを外します。ワックススクレーパーを使って、こびりついた糊を剥がしていきましょう。ボードを傷つけないように気を付けてください。

上記で紹介したように簡単に自分で剥がしたり貼れたりするので、ぜひ最新のデッキパットの感触を確かめてみてください。

サーフィン デッキパッドのおすすめ7選

アルメリック

サーフィン デッキパッド
幅広のサーフボードなら、こちらの4ピースタイプ。いろんなタイプのボードにマッチしやすく人気です。

ファンクション

サーフィン デッキパッド
ショートボーダーにおすすめなのは、こちらの「ファンクション・ショートモデルパッド」ソフトな材質が女性にも人気。

フリーク

サーフィン デッキパッド
しばらく使うとデッキパットの凹凸が取れてくることも。粘着力と耐久性にこだわるなら、フリークのデッキパッドです。

ダイアモンドヘッド

サーフィン デッキパッド
価格と粘着力で選ぶなら、「ダイヤモンドヘッド」の3ピースがおすすめです。30cm×30cmでどのタイプのサーフボードにも合わせやすく、カラーバリエも豊富。

グラッシー

サーフィン デッキパッド
ハイシーズンだけサーフィンを楽しむという方におすすめなのは、コスパに優れたグラッシーのデッキパット。低価格なので、張り替えも気兼ねなくできそう。

ダカイン

サーフィン デッキパッド
グリップ力を重視したい中級以上のサーファーにおすすめなのは、「ダカイン」の3ピースデッキパット。高さ7mmのセンターアーチと高さ25mmのテールキックで、高いグリップ力を実現しています。

ツールス

サーフィン デッキパッド
市販のデッキパットの中には、ワックススクレーパーが付属されているものも。こちらは、おなじみTOOLS(ツールス)の3ピースデッキパット。女性サーファーにも人気です。

お気に入りのデッキパッドを着ければいつものサーフィンもより一層楽しみになりますね。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. ビーチサンダル

    ファッション

    定番から新鋭まで!!ビーチサンダルのおすすめブランド13選
  2. マグロマート

    グルメ

    予約困難の人気店「マグロマート」!マグロのテーマパークでマグロ三昧
  3. ビーチバッグ

    ファッション

    おしゃれなビーチバッグを種類別に紹介!
  4. ビーチリゾート アジア

    旅行・おでかけ

    週末でも行ける!アジアの人気ビーチリゾート7選
  5. ダイビング 事故

    ダイビング・シュノーケリング

    教訓のためにも知っておきべき実際に起きたダイビング事故
PAGE TOP