サーフキャリアの正しい使い方と人気ブランドのおすすめ7選

サーフィン

サーフボードも楽々!ルーフキャリア(サーフキャリア)のおすすめ7選

「サーフィンに行く!」となると、移動手段で圧倒的に多いのが車ですよね。そしてそんな時に厄介なのがサーフボードの積み込みです。サーフボードが積み込めるハイエースなどの大きい車なら問題ないですが、なかなかそうはいきません。そんな時に大活躍するのがルーフキャリア(サーフキャリア)です。今回はルーフキャリアの正しい使い方やおすすめのルーフキャリアを厳選してご紹介します。

目次

サーフボードの積み方

サーフボードの積み方
サーフィンに車で行く際に困るのがサーフボードの積み込みです。ハイエースなどの大きな車であればサーフボードを車内に積んでも複数人の人が乗れるスペースを確保できますが、通常の普通車であれば、サーフボードを積んだらだれも乗れない、それどころかサーフボードが車内に入らないということも少なくありません。

サーファーの方々はどのようにサーフボードを車で運んでいるのでしょうか。

車内に積む

サーファーに人気の車種ワンボックスカー

出典:TOYOTA

年間何度もサーフィンに出かけるサーファーの多くがミニバンやワンボックスなどの大きめの車を愛用しており、サーフボードを車内に積んで運んでいます。

サーフボードキャリアを使えば車内に積まなくても運ぶことができますが、ルーフキャリアは積み方を一歩間違えると、走行中の事故の原因に繋がったり、風や雨でサーフボードを傷つける恐れがあることから、何度も海へ通うのであれば、車内に積めることに勝ることはありません。

ルーフキャリアをつかう

ルーフキャリアをつかう

出典:amazon

車内にサーフボードが入らない場合は、サーフキャリアを使って、車の上に積んで持ち運ぶのが一般的です。しかし、先述した通り、設置を誤ると走行中の事故に繋がる危険性やサーフボードを傷つける恐れがあります。

ルーフボックスをつかう

ルーフボックスをつかう

出典:amazon

ルーフボックスはルーフキャリアに設置して利用します。ルーフボックスを使うことでサーフボードを雨や風などから守ることができるとともに、サーフボード以外の荷物も多く積めるようになります。また、ルーフボックスは風の抵抗などを計算して作られているため、サーフボードをそのままルーフキャリアで積むよりも運転が安定します。

車内の天井に積む

サーフボードを車内の天井に積む

出典:amaozn

車内キャリアやラックベルトを使うことで車内の天井にサーフボードを積み込めるようになります。しかし、サーフボードの長さが車の天井よりも短い必要性があり、ロングボールはこの設置方法には向きません。

今の車のままで手軽にサーフボードを運べるようにしたいという時にはルーフキャリアの購入を検討するのがよいでしょう。

ルーフキャリアの正しい使い方

出典:amazon

ルーフキャリアは一般的に3つのパーツから成り立っています。

バー

おすすめルーフキャリア バー

出典:amazon

ベースキャリア

おすすめルーフキャリア7選 PIAA TERZO ベースキャリア スクエアバーフット ルーフオンタイプ ブラック 完全ロック

出典:amazon

アタッチメント(取り付けフック・ホルダー)

おすすめおすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選 PIAA TERZO サーフボード積載用アタッチメント2枚積み EM34

出典:amazon

車とバーの接合部分のパーツになるベースキャリアを4箇所車に設けます。そのベースキャリアにバーを設置し、アタッチメントでサーフボードとバーを固定します。

ルーフキャリア(サーフキャリア)は設置方法を誤ると、走行中に飛ばされてしまったり、サーフボードが風を受けることで車の安定性を失い、事故に繋がる可能性もあります。そのような事故を未然に防ぐためにサーフキャリアの設置具合は必ず、サーフボードを乗せて走る前には都度確認しましょう。

また、ルーフキャリアを設置した際の車の高さは把握しておきましょう。立体駐車場やトンネルなどの高さ制限のある場所でルーフキャリアを付けていることを忘れて、通れなかったなんて事案も少なくありません。注意しましょう。

ルーフキャリアの選び方

それぞれのパーツには適合性があるのと、車種によっても適合性があったりするので、購入前に適合性を確認しておくことが重要になります。

適合性に関しては各メーカーが発表しているので参考にしてください。
【THULE適応表】
http://abeshokai.jp/thule/makers
【inno適合表】
http://db.carmate.co.jp/matching/output/index.php?c=1&menuST=31&CType=sys

おすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選

ここからはおすすめのサーフキャリアを紹介します。各商品に関してパーツだけで他のパーツも必要なのか、それとも全部が揃ったセットなのか、確認をしてから買うようにしてください。

THULE(スーリー) ベースキャリア TH753

おすすめおすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選 THULE スーリー ベースキャリア TH753
ルーフキャリアの人気ブランド「THULE(スーリー)」のルーフキャリア。フットの高さ:5.2cm、フットからバー上までの高さ:8.5cmになります。ドイツの品質テストもクリアしている世界が認めた高品質ルーフキャリアです。

THULE(スーリー) ベースキャリア TH754

おすすめおすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選 THULE(スーリー) ベースキャリア TH754
「THULE(スーリー)」のルーフキャリア。フットからバーまで14cmの高さになります。

同ブランド「THULE(スーリー)」のバーを紹介します。
THULE スーリー ベースキャリア TH769 スチールスクエアバー2本セット

THULE スーリー ベースキャリア TH969 アルミ ウイングバー 2本セット 127cm

inno ルーフキャリア INSU-K5

おすすめおすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選 inno ルーフキャリア INSU-K5
定番メーカー「inno」のルーフキャリア。独自のテレスコピックノブによって、工具不要で取付けが簡単に行えるようになっています。

PIAA TERZO サーフボード積載用アタッチメント2枚積み EM34

おすすめおすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選 PIAA TERZO サーフボード積載用アタッチメント2枚積み EM34
ルーフキャリアやルーフボックスの人気メーカー「PIAA」のルーフキャリア。2枚のサーフボードを重ねて詰める2枚積み対応のルーフキャリアです。パワーダイヤルで巻取り操作が簡単で、防音パッドが走行中のベルトのバタツキ音を防止してくれます。保護パッド付きでボードのサイドエッジを傷つけずに積めるのも嬉しいポイント。別途、ベースキャリア・バーが必要です。

おすすめルーフキャリア7選 PIAA TERZO ベースキャリア スクエアバーフット ルーフオンタイプ ブラック 完全ロック

おすすめルーフキャリア7選 PIAA TERZO ベースキャリア スクエアバーセット 120cm

PCA サーフボードラックベルト

おすすめルーフキャリア7選 PCA サーフボードラックベルト
車内の天井横の手すりを利用してサーフボードを車内積みできるベルト型ルーフキャリア。バックル付で脱着が簡単なので、使用しないときは簡単に外しておけます。アシストグリップの左右の間隔が93cm~128cmの車に取り付け可能です。

PIAA TERZO 車室内キャリア スマートバー EA600HG マリン/スノーアタッチメント EA600MS

おすすめルーフキャリア8サーフキャリア)7選 PIAA TERZO 車室内キャリア スマートバー EA600HG/スノーアタッチメント EA600MS
室内型のルーフキャリア。ハンドグリップに装着するスマートバー2本と、マリン/スノーアタッチメント EA600MSのセットです。
ベースタイプバー(1本入り) EA600HG【伸縮幅】74cm~117cm
マリン/スノーアタッチメント EA600MS【クッションサイズ】34cm【内容品】ボードクッション2本、ボードクッション固定ベルト4本、ベルト2本

Funktion サーフボードキャリア ラックベルト FK-RACKBELT

おすすめルーフキャリア(サーフキャリア)7選Funktion サーフボードキャリア ラックベルト FK-RACKBELT
社内にサーフボードを詰め込めるベルト型のルーフキャリア。車内の天井横の手すりにベルトを装着して、サーフボードを固定します。長さ調整機能付きなので、手すりのある車ならば小型車から大型車まで、自由に取り付け可能です。

ルーフキャリアを活用して、サーフボードを積み込めば、車内のスペースを広く確保することができ、大人数で海に出かけられるようになるのでおすすめです。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. サーフキャリアの正しい使い方と人気ブランドのおすすめ7選

    サーフィン

    サーフボードも楽々!ルーフキャリア(サーフキャリア)のおすすめ7選
  2. 人気ブランドのダイビングソックス(フィンソックス)おすすめ9選

    サーフィン

    人気ブランドのダイビングソックス(フィンソックス)おすすめ9選
  3. レギュレータの画像

    ダイビング・シュノーケリング

    レギュレーターの選び方と人気ブランドのおすすめモデル6選
  4. 話題のダンシングクラブで、豪快に蟹を食らい尽くせ!

    グルメ

    話題のダンシングクラブで、豪快に蟹を食らい尽くせ!
  5. 東京でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介

    マリンスポーツ・レジャー

    東京でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介
PAGE TOP