ハワイで日焼け止めが禁止に!?使用できる日焼け止めはどれ?

デイリーライフ

ハワイで日焼け止めが禁止に!?使用できる日焼け止めはどれ?

2018年7月3日、アメリカ・ハワイで日焼け止めを禁止とする法案が成立しました。常夏のハワイで日焼け止めが禁止ってどうゆうこと!?肌を焼きたくない女性からすればこれは死活問題ですよね。どうして日焼け止めが禁止なのか、どういった日焼け止めが禁止なのか、日焼け止め禁止法案の全貌を紹介します。

目次

ハワイで日焼け止めが禁止に!?

ハワイで日焼け止めが禁止
2018年7月3日、アメリカ・ハワイ州のデービッド・イゲ知事が、日焼け止めを禁止とする法案に署名し、ハワイで日焼け止めが禁止となることが成立しました。

この法案は2021年の1月1日からの施行となるので、2021年以降にハワイのビーチでは日焼け止めが使えないということになります。

どうしてハワイは日焼け止めを禁止としたのか。

どうして日焼け止めが禁止なの?

ハワイ 日焼け止め 禁止
この法案の目的は「サンゴ礁の保護」にあります。そのため、全ての日焼け止めが禁止される訳ではなく、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めのみが禁止になります。

禁止となるのは、サンゴ礁の白化などの原因になっているとされる「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」が含まれる日焼け止めになります。

この2つの成分を含む日焼け止めが肌から流れ落ちたり、排水処理施設を通じて海水に流れ込んだりすることで、サンゴの白化現象や遺伝子の損傷を引き起こし、最終的にサンゴを死滅させると言われています。

イゲ知事は署名後「ハワイの岩礁を守るための小さな一歩にすぎないが、取り組みを続けたい」と、次の世代へ美しいハワイの海を継承していく意欲を述べられました。

禁止の日焼け止めと禁止じゃない日焼け止め

米メディアによると、3500種類以上の日焼け止めに含まれており、これらの日焼け止めは2021年以降販売が禁止される見込みである。

現状では、販売と流通が禁止となるのみで、観光客が持ち込む日焼け止めにおいて、どこまで規制がかかるか明確化されていないが、ハワイに持ち込む日焼け止めには注意を払う必要があります。

オキシベンゾンは日本では近年では、ほとんど使われていない成分ですが、オクチノキサートは日本では別名「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」で、市販の日焼け止めの多くに使われています。

オキシベンゾンとオクチノキサートは紫外線吸収剤で日焼け止めでも重要な成分になります。これらの成分が含まれないのは、紫外線吸収剤フリーの日焼け止めになります。

ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+

ニベアサン プロテクトウォーターミルクマイルドSPF50+
紫外線吸収剤無配合の日焼け止め。紫外線吸収剤やアルコールに敏感な肌の人でも安心して使用でき、強力紫外線からしっかり守ってくれます。サラっとベタつき感なく、紫外線などによる乾燥を防いで、うるおいを保ちます。いつもお使いのメイク落としや、全身洗浄料などで落とせます。

ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト

ドクターシーラボ BBパーフェクトクリーム エンリッチリフト
シワ・ハリが気になる方へのエイジングケアするハリツヤ小顔のBBクリームですが、紫外線を防ぐ効果もあり、85%以上が美容成分でできたBBクリームがスキンケアをしながら、紫外線ダメージからもしっかり肌を守ってくれます。

江原道 (コウゲンドウ) ウォータリー UVジェル

江原道 (コウゲンドウ) ウォータリー UVジェル
温泉水と天然ハーブのうるおいブレンド「SPA水」を配合し、みずみずしく透明感のある肌に整えるクイック・スキンケアシリーズ。紫外線吸収剤・界面活性剤フリーで、国内最高基準値のUVカット力を誇り、紫外線も乾燥も防ぐウォータリーベースの日焼け止めジェルです。ウォータープルーフなので海やプールに最適です。

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)オンフェイス ライト

オルビス(ORBIS) サンスクリーン(R)オンフェイス ライト 28mL SPF34 PA+++
紫外線や大気汚染(空気中のちり・ほこり)、近赤外線に着目し、それらから肌を守る成分を配合。テカリ・ベタつきが気になる方におすすめのみずみずしい使い心地。紫外線吸収剤不使用で無油分、無香料です。

塗る日焼け止めではなく、飲む日焼け止めを使うのもオススメです。飲む日焼け止めは、体内でシミの原因であるメラニンの活性化を抑えたり、抗酸化作用でシワやシミなどの老化に繋がる活性酸素の除去をサポートしてくれます。

トライアングル サンタンブロック

おすすめ飲む日焼け止めトライアングル サンタンブロック
この飲む日焼け止めは、ニュートロックスサンを主成分にしており、ちゃんと傘のマークも!さらに天然由来成分から作られており、安全の国産品でもあります。カプセルの大きさが他製品と比較しても小さいので飲みやすいです。

Botanical White(ボタニカルホワイト)

おすすめ飲む日焼け止めBotanical White(ボタニカルホワイト)
シダ植物のファーンブロックを主成分に、アントシアニン・フラバノン・ヒドロキシ酸・アスコルビン酸などを含むレッドオレンジコンプレックスを配合した人気の飲む日焼け止め。

サンゴ礁を守り、美しい海を維持していく、このハワイの取り組みは、今後、ハワイだけでなく、沖縄などにも広がっていくのではないかと考えられる。

サンゴ礁の保全にはつながるが、一方で、日焼け止めの使用が減ると、今度は、皮膚がんのリスクが高まりかねない。その点も含めて日焼け止めへの制限は世界的にどうなっていくのか、注目していきたいですね。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. あなたもハマる!?バナナボートの魅力と全国のおすすめ体験スポット

    マリンスポーツ・レジャー

    あなたもハマる!?バナナボートの魅力と全国のおすすめ体験スポット
  2. 旅行・おでかけ

    日本のベストビーチランキングTOP10に選ばれた絶景ビーチ
  3. ウェットスーツの画像

    マリンスポーツ・レジャー

    ドライスーツ,セミドライ・・・ウェットスーツの違い知っていますか!?
  4. 【レディース】海でかけたい人気ブランドのおすすめサングラス10選

    ファッション

    【レディース】海でかけたい人気ブランドのおすすめサングラス10選
  5. カリフォルニアスタイル-ソファの画像

    インテリア

    部屋をリゾート!カリフォルニアスタイルの西海岸ソファおすすめ7選
PAGE TOP