旅行に、サプライズに!今、クルージングが人気を集める理由

デイリーライフ

旅行に、サプライズに!今、クルージングが人気を集める理由

近年、日本で新たな旅としてクルージングが注目されてきています。最近はニュースなどでも「大型客船が寄港しました」などと報じられるなど、一般社会にもその存在が浸透しつつあります。また、クルージングには旅以外にも特別な日を祝う食事の場としても人気を集めています。そこで、今回は旅行にサプライズ に、様々な場面で人気のクルージングについて紹介します。

目次

クルージングとは

クルージングとは
「クルージング」とは、一般的には「巡航」と翻訳されることが多い言葉です。船に乗ってゆっくりと航行していくといったイメージです。しかも、豪華客船ともなると「ホテルが船に乗って動いている」と言っても過言ではありません。今までの日本では、一般的な旅行といえば車やバス、鉄道に乗って移動するのが主流でした。しかし、近年、非日常を体感できるクルージングの旅が人気を集めており、旅行会社も力を入れています。

クルージングの魅力

クルージングの魅力
「船で旅をする」ということには、今までの旅の方法ではありえなかった様々な魅力があります。その中でも、「船の中でまるでホテルのように快適にくつろいでいるだけで、目的地まで運んでくれる」という点は非常に大きな魅力の1つといえます。一般的な旅行では電車やバス、飛行機などに乗って目的地まで移動します。もちろん目的地までは移動することができますが、座席に座るだけでなかなかくつろぐというところまでいかないのが現状です。人によっては、それだけで疲れてしまうこともあるでしょう。ましてや、自家用車で移動する場合には運転手はもっと大変です。自分で運転していくわけですから注意力も集中力も使いますし、なによりその行程で間違っていないか気を遣っていかなくてはなりません。しかしクルージングの場合には、船内がまるでホテルであるかのようにリラックスできます。移動中にしっかりと睡眠をとることで、心身ともにリフレッシュな状態で目的地を楽しむこともできます。「移動に疲れない」というのは、大きなメリットなのです。
クルージングの食事
また、船内の食事を楽しめるということを魅力に挙げる人も少なくありません。クルージングの旅の場合、料金の中に食事やドリンクの代金も含まれていることが多いです。豪華客船にもなれば、船内に10店舗から20店舗ほどのレストランやバーが入っていることもあります。また、広いフロアでバイキングなどが行われているケースも珍しくありません。そのほとんどを無料で楽しむことができるのです。しかも、いつでも何度でも食べたり飲んだりすることが可能です。ドリンクにはアルコールも含まれている場合も多く、時間を気にせずお酒を楽しむことだってできるのは非常に魅力的です。このことも、今までの旅行では考えられなかったことではないでしょうか。
クルージングの魅力 イベント

また船内では、様々なエンターテインメントが行われることも多くあります。例えばミュージカルやショーなどが代表的なものとされています。こちらは、1日に何公演も行われていることが一般的です。そのため、自分の気に入った時間になれば見に行くだけで楽しむことができます。こちらも、食事と同じく料金がかかることがありません。クルージングにおける料金というのは、いわゆる「セット料金」であると考えておいたほうがよいでしょう。旅行代金に含まれているのですから、食事やドリンク、エンターテインメントまでさまざまなイベントを楽しみ尽くすことが、よりクルージングの楽しみを堪能することができるのです。

クルージングは「船に乗って移動する旅行」であるという点は見逃せないところです。クルージングでは、様々なところに寄港します。もちろん、その土地によってまた他とは異なる大きな魅力を持っています。普段の生活では体験できないことが、クルージングでは楽しむことができるのです。その土地の伝統文化に触れてみたり、郷土料理に舌鼓を打ったりすることは人生において大きなメリットとなることは間違いありません。船の中と外、両方を楽しむことができるのもクルージングならではなのです。

一方で、船と聞くと忘れてはならないのが「船が揺れて船酔いしてしまうのではないか」ということです。船酔いする人は決して少なくありませんし、万一酔ってしまったら、せっかくのクルージングの楽しみが半減どころか台無しになりかねません。しかし結論から言うと、クルージングに使用される船はほとんど揺れることがありません。大きな船になればなるほど、船の揺れは軽減されて酔ってしまうリスクも軽減されていくのです。そのためどんな方でもクルージングを楽しむことができるのです。

クルージングに必要な準備と最適な服装

クルージングにおいては日中や寄港地などにおいては、基本的にカジュアルなもので問題ありません。しかし、夕方(主に18:00頃)からは、船内という非日常を楽しむということや、エレガントな雰囲気に合わせるという意味を込めて「ドレスコード」が設定されているところがほとんどです。
クルージングに必要な準備と最適な服装
「インフォーマル(スマートカジュアル)」の日はジャケットやワンピース、「フォーマル」の日はタキシードや礼服、ドレスなどの正装をすることがあります。しかし、そこまで固く考える必要はありません。少しおしゃれをすることで、また違ったクルージングを楽しむことができるのです。」

クルージングにおいては、その船籍が非常に重要な意味を持ちます。なぜなら外国籍の船に乗船する場合は、もうそこが外国なのですから。外国に行くということは、パスポートを忘れては元も子もありません。たとえ寄港地が日本国内であったとしても、船籍が海外のものであればパスポートの提示が求められますので、しっかりと確認しておく必要があります。

ランチクルージングとディナークルージング

クルージングといっても、先述しているような本格的なものばかりではありません。ちょっと豪華に1日を満喫できるクルージングもあります。
ランチクルージング

「ランチクルージング」は、カジュアルかつリーズナブルにクルージングを楽しめるとあって人気となっています。日中にランチを船上で楽しみながら、普段は見ることができない船上からの景色を堪能することができるのです。東京湾や神戸港などが人気を集めています。
ディナークルージング

「ディナークルージング」は、より豪華な料理に舌鼓を打ちながら夜景を楽しむことができるとあってカップルなどに人気のクルージングです。少々お値段は高くなっていきますが、それに見合うだけの「特別感」を得ることができるのはディナークルージングを置いてほかにはありません。

記念日におすすめのクルージングプラン

記念日におすすめのクルージングプラン ルミナス神戸2

記念日を素敵に、そしてロマンチックに過ごすなら神戸の「ルミナス神戸2」という船のディナークルージングはおすすめです。神戸といえば、「1000万ドルの夜景」とも称されるほどの夜景の絶景スポットとして有名です。一般的には六甲山から神戸の夜景を見下ろすなどして楽しむものですが、記念日には特別感を演出したいものです。海上から見る神戸の夜景は、普段では見ることはできません。夜の明石海峡大橋も間近で見ることができ、昼間とは違った幻想的な雰囲気を楽しめます。料理もプロのシェフによるフルコースとなっており、食事にも満足できます。日本国内で味わえる非日常感を、ぜひ楽しんでみてはいかかでしょうか。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 大人がはまる趣味「カヤックフィッシング」の魅力、教えます!

    デイリーライフ

    大人がはまる趣味「カヤックフィッシング」の魅力、教えます!
  2. 痩せたいなら波の乗れ!サーフィンの消費カロリーが凄い!?

    サーフィン

    痩せたいなら波の乗れ!サーフィンの消費カロリーが凄い!?
  3. パドルサーフィン

    サーフィン

    注目のマリンスポーツ「パドルサーフィン」を楽しもう
  4. サーフィン後の後片付けが驚くほど楽になるおすすめバケツ7選

    サーフィン

    サーフィンに行くならバケツは絶対!後片付けが驚くほど楽になるバケツ7選
  5. ウェットスーツを着たサーファー

    サーフィン

    人気ブランド勢揃い!サーフィンにおすすめのウェットスーツ7選
PAGE TOP