沖縄でダイビングのライセンスがとれるダイビングスクール

ダイビング・シュノーケリング

沖縄でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介

海の中に潜って、普段の生活をしていたら決して見ることができない海の世界を楽しめるダイビング。そんなダイビングを自由に楽しもうと思うと、ライセンスが必要になります。ライセンスの取得は東京のダイビングショップなどでもできますが、おすすめは沖縄です。沖縄では価格が安く、短期間でライセンス取得を目指すことができます。そこで今回は沖縄でダイビングをとるメリットやおすすめのダイビングショップをご紹介します。

目次

ダイビングのライセンスとは

ダイビングライセンスCカード

出典:PADI

ダイビングのライセンスはCカードと呼ばれ、認定・認証などを表す「Certification」の頭文字に由来しています。一度取ってしまえば更新の必要はなく、一生ものになります。ダイビングにはライセンスが必要とされていますが、ライセンスと言っても法的な縛りはなく、ライセンス無しでダイビングしても罰金などはありません。しかし、ショップなどでエアーを充填する場合などにはライセンスの提示が必要であり、実質的にはライセンス無しでダイビングを楽しむのは難しいです。ダイビングは通常のレジャーとは異なり、「海の中」という非日常で特殊な環境下で楽しむアウトドアスポーツです。陸上であれば普通に対処できるトラブルも、海中ではそうはいきません。安全に楽しむためには「海中環境に対する知識」や「安全に潜る技術」、そして「機材に対する知識」も必要になってきます。このような準備ができていない人がダイビングを行うと、重大な事故が発生する可能性が極めて高くなります。このことは、すなわち「死」に直結するといっても過言ではありません。そのためほとんどの国や地域では「Cカード」がダイビングを楽しむ要件とされていることはもちろん、機材のレンタルすらもできないのです。「Cカード」は、「ダイビングの知識をしっかり持っていますよ」という安全性への担保という意味合いが強いのです。ダイビングを楽しむためには、しっかりとした講習を受けてライセンスを取得することから始める必要があるのです。

ダイビングのライセンスには幾つか種類がありますが、初心者の方々がまず獲得を目指すライセンスは「オープンウォーターダイバー」と呼ばれる、インストラクターの引率無しで、パディと共に水深-18mまで潜れるライセンスになります。経験を積んでいくと、「アドバンスド・オープンウォーターダイバー」などの、潜れる水深や活動内容が広がる中上級者ライセンスを目指す形になります。国が発行・管理する法的なライセンスではないので、Cカードは指導団体が発行・管理しており、最も大きい団体はPADIになります。世界中のダイバーの内、実に7割がPADIのライセンスだと言われています。その他にはCMAS、NAUI、SSIなどがあります。

沖縄でライセンス取得に必要な日数

沖縄でライセンス取得に必要な日数
最初の「Cカード」である、「オープンウォーターダイバー」(水深18mまで潜れるもの)を取得するには、以下の講習をクリアする必要があります。
①筆記試験
②限定水域実習
③海洋実習
東京などでは最短でも4日程、取得にかかりますが、沖縄では多くのダイビングショップが2日、早いとろこでは1日での取得可能を謳うショップもあります。多くは、筆記試験のための勉強は事前に送られてくる教材やネット配信教材で行い、1日目に限定水域実習を行い、2日目朝にテスト、午後から海洋実習というスケジュールになります。東京などでは海洋実習のために神奈川県などに移動する必要があるため、この短期間に詰め込むのは難しく、ありとあらあゆる所がダイビングスポットである沖縄ならではと言えます。

沖縄でライセンス取得に必要なお金

ダイビング料金には様々なものが含まれます。講習の料金だけではなく、筆記試験のための教材(テキストやDVDなど)やライセンス申請料やCカード発行料、さらには機材レンタル費まで含まれるところもあります。一般的な見た目は安くても、追加料金がかかりやすいのがライセンス取得の傾向です。あとから追加料金がかかるよりも、すべてを網羅した合計料金のほうが安い傾向にあるといえるでしょう。また、良心的なダイビングショップであれば「高いには高い、安いには安い」理由があります。高いお店はそれだけ人件費などをかけてじっくり講習してくれるというメリットもあります。これは日数にも関係することですが、そのお店の特徴を理解してお店を選択することが非常に重要です。ただ、相場的には3万円前後で収まることが多いようです。

沖縄でライセンス取得できるお勧めのお店

沖縄にダイビングで来られる観光客は非常に多いです。そのため、ダイビングショップも数えきれないほどあるためどのダイビングショップが良いのか悩んでしまいます。そんな中、指標となるのが、世界の7割のライセンスを発行している「PADI」の「5Star」という認証称号です。認定基準として、
・「教育」、「地域活動への参加」、「環境保護活動」の3分野において、PADIから表彰を受けています。
・安全なリクリエーション・ダイビングとスノーケリングを発展させるために、その地域社会で積極的に活動しています。
・5スター・ダイブセンターはPADIの教育規準を守るだけでなく、それぞれのコースに適した教材を使って、理想的なPADIプログラムを実施しています。
・お客様が技術と知識を伸ばせるよう定期的にPADIの継続教育プログラムが提供されています。
があり、この認定を受けたショップは信頼度が高いと言えます。その点をふまえて、沖縄のおすすめのダイビングショップをご紹介します。

マレア沖縄

沖縄でライセンス取得できるお勧めのお店 マレア沖縄

沖縄県最大級のマリン施設「宜野湾マリン支援センター」内にあるダイビングショップ。ダイビング専用のプール、温水シャワー、カフェまで揃った施設でライセンス取得を目指せます。施設の目の前には港があり、海洋実習ではボートダイブを選択することも出来ます。沖縄本島以外にも石垣島や宮古島、さらには関東・中部・関西・九州にも支店があるので、次のステップのライセンスを目指す際にも自分に合った所で継続して、お願いできます。PADIから最優秀賞や特別賞を受賞している信頼と実績の豊富なダイビングショップです。

公式HP:http://marea-oki.jp/
PADIオープンウォーターダイバーコース
最短日数:3日
講習総額料金:60,000円(税別)
別途費用:Cカード申請料4,326円(税別)・ボートダイブ料金(ご希望の方)5,000~10,000円(税別)

マリンサービスむるぬーし

沖縄でライセンス取得できるお勧めのお店 マリンサービスむるぬーし

マリンサービスむるぬーしでは読谷村、恩納村、北谷町などの沖縄中部の美しい海でライセンス取得を目指すことが出来ます。体験ダイビングでは、同エリアで人気ナンバー1店舗として賞を受賞するなど、顧客満足度の高い実績豊富なお店です。温水シャワーや女性に嬉しいパウダールームなど、充実した設備でライセンス取得を目指しましょう。

公式HP:http://www.murunu-shi.com/
オープンウォーターダイバーコース
最短日数:2.5日
講習総額料金:60,000円
別途費用:カード申請料6,480円

ピンクマーリンクラブ

沖縄でライセンス取得できるお勧めのお店 ピンクマーリンクラブ

恩納村の入り口にあるダイビングショップで、ここの特徴は宿泊施設があり、集中してライセンス取得に挑めることです。(宿泊は必須ではありません。)2.5日でオープンウォーターダイバーライセンスを取得可能です。eラーニングでの勉強サービスもあり、自分に合ったスタイルでライセンス取得を目指せます。『楽しさは安全から』を理念に、経験豊富なスタッフが指導してくれます。

公式HP:https://www.pinkmarlinclub.jp/diving/
オープンウォーターダイバーコース
最短日数:2.5日
講習総額料金:38,000円
別途費用:カード申請料、ダイビンググローブ代

ワールドダイビング

沖縄でライセンス取得できるお勧めのお店 ワールドダイビング

恩納村のダイビングショップ「ワールドダイビング」最大の特徴は事前学習を済ませておくことで現地では1日でダイビングライセンス取得を目指せることです。時間がない人にはおすすめですが、通常2日〜3日にかけて行うことを1日で行うわけですから体力に自信がない方などはご注意ください。PADIの「5Star」を獲得している実績豊富なダイビングショップです。

公式HP:https://www.owd.jp/
オープンウォーターダイバーコース
最短日数:1日
講習総額料金:31,800円

那覇オーシャンダイバーズ

沖縄でライセンス取得できるお勧めのお店 那覇オーシャンダイバーズ

お手軽にお得にダイビングライセンス取得を目指したい人におすすめなのが宜野湾市のダイビングショップ「那覇オーシャンダイバーズ」。魅力的なダイビングの世界に少しでも気軽に入ってきてほしいとの想いから最安値でライセンス取得コースを提供。1.価格の安さ2.自由な雰囲気3.サービスの良さで支持され、累計ライセンス取得者は10,000名を超える実績を誇ります。

公式HP:http://okinawa-od.com/
オープンウォーターダイバーコース
最短日数:1.5日
講習総額料金:19,800円

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

関連記事

  1. サーフボードの画像

    サーフィン

    サーフボード選びで知っておくべきポイントと人気ブランド7選

    サーファーにとって最も重要なサーフボードには様々な種類があり、ブランド…

  2. 人気ブランドのダイビングソックス(フィンソックス)おすすめ9選

    サーフィン

    人気ブランドのダイビングソックス(フィンソックス)おすすめ9選

    今回はダイビングソックス(フィンソックス)のおすすめを厳選してご紹介。…

  3. サンオイルって効果あるの?日焼けしたい人必見!おすすめサンオイル8選

    デイリーライフ

    サンオイルって効果あるの?日焼けしたい人必見!おすすめサンオイル8選

    日焼けした綺麗でワイルドな小麦色の肌に憧れを抱く人も多いと思いますが、…

  4. ウェットスーツの画像

    ダイビング・シュノーケリング

    人気ブランド勢揃い!ダイビングにオススメのウェットスーツ7選

    ダイビングをするにあたって欠かすことができないものが「ウェットスーツ」…

  5. サーファーの画像

    サーフィン

    オリンピックを楽しむために知っておきたいサーフィン競技の全貌

    2020年に行われる東京オリンピックでサーフィンが追加種目競技に決定し…

  6. アクションカメラ

    サーフィン

    サーフィンの撮影に最適の人気おすすめアクションカメラ5選

    近年、youtubeやSNSでサーフィンの臨場感溢れる動画や写真が増え…

  1. サーフワックスの画像

    サーフィン

    サーフボードのお手入れ!初心者でもわかるワックスの塗り方
  2. 日本のリゾート「沖縄」の海は何故、あんなにも美しいのか!? 

    旅行・おでかけ

    日本のリゾート「沖縄」の海は何故、あんなにも美しいのか!?
  3. ロレックスの海好きのためのスポーツウォッチ「ヨットマスター」の魅力

    ファッション

    ロレックスの海好きのためのスポーツウォッチ「ヨットマスター」の魅力
  4. 【初心者必見】サーフィンを始める前に知っておくべきサーフィン知識

    サーフィン

    【初心者必見】サーフィンを始める前に知っておくべきサーフィン知識
  5. 【動画】世界№1サーファー「ジョンジョンフローレンス」の美技集

    サーフィン

    【動画】世界№1サーファー「ジョンジョンフローレンス」の美技集
PAGE TOP