ビーチマット

ファッション

オシャレで使い勝手も良いビーチマット7選

ビーチに出かけておしゃれに決めたいなら、水着やサンダルなどはもちろんですが、ビーチマットも重要です。

ビーチマットは色んな種類のものが発売されており、デザインも様々です。

おしゃれなビーチマットを選べば、ビーチでたくさんの人たちの注目を集めることは間違いありません。

今回はおしゃれで使い勝手も良い、おすすめのビーチマットを7つ厳選して紹介していきます。

目次

ビーチマットの選び方

ビーチマットを選ぶポイントは、以下2点あります。

  • デザイン
  • 素材

ビーチマットのデザインは、ポップでキュートなものからシックなもの、エレガントなものまで様々です。

自分好みのデザインのビーチマットを使えば、ビーチでの気分が上がることは間違いありません。

またビーチマットにはそれぞれ、綿やポリエステルなどの素材が使われています。

綿は肌触りが良く、ポリエステルは速乾性や耐久性に優れています。

ビーチマットの素材も、自分の用途や好みに合わせて選ぶといいでしょう。

おすすめビーチマット7選

現在は、どんなビーチマットが人気なのでしょうか?

ここではデザインと機能性に優れた、人気のビーチマット7つを厳選して紹介していきます。

【Blue Giraffe】15柄 ラウンドビーチタオル 大判ビーチマット超吸水 厚手バスタオル タッセル付き多用途

ビーチマット

肉厚なバスタオル生地でできている、円形の大判ビーチマットです。柔らかくて毛羽立ちにくいため、長期間使用できます。吸水力や速乾性に優れていて、砂がつきにくいのもメリットです。柄は全部で15種類あり、人気のボヘミアン柄のものから、キュートなドーナッツ柄のものまであります。
サイズ:152×152cm
重さ:60g
素材:ポリエステル

KING DO WAY ラウンドビーチタオル 大判 タッセル バスタオル ビーチマット ビーチレジャーシート 海水浴 テーブルクロス ラグ インテリア

ビーチマット

柔らかい人工のコットンで作られている、肌触りがとても良い円形の大判ビーチタオルです。カラーはブルーとローズ、カラフルの3色です。どのカラーもおしゃれですが、特にキュートなカラフルは、ビーチでの注目を浴びること間違いありません。
サイズ:直径約150cm
重さ:255g
素材:コットン

(エックスパス) xpath タッセル ラウンド ビーチタオル マット ブランケット 大判 スカーフ バスタオル H1

ビーチマット

ポリエステルを素材に作られたビーチマットです。ビーチマットの柄の部分は、染料プリントの工芸で仕上げられているため、肌触りや丈夫さに優れているのも特徴です。
サイズ:直径150cm
重さ:600g
素材:ポリエステル

【セレブが愛用する立体感あるジャガード織り 円形おしゃれ大型タオル】大判直径150cm 素敵なボヘミアン模様 使い方自由 ブランケットやビーチタオル お部屋でも使える

ビーチマット

セレブが愛用していることで、SNSでも話題の円形ビーチマットです。立体感のあるジャガード織りとなっており、刺繍のような凹凸が高級感を演出してくれます。カラーはオフホワイト、グリーン、ブルーの3色あります。
サイズ:直径約150cm
重さ:約695g
素材:ポリエステル

ラウンドビーチタオル バスタオル 超吸水 厚手 大判 スーパーソフト 2019年新開発 100%マイクロファイバー テリー生地 直径158cm タッセルを含む-蓮の花

ビーチマット

マイクロファイバーでできていて、柔らかさや耐久性に優れた円形のビーチマットです。吸水率は綿素材のタオルの5倍となっています。カラーは7種類あり、「蓮の花」だけ花びらの形をしています。
サイズ:直径158cm
重さ:約600g
素材:マイクロファイバー

ビーチタオル ラウンド 厚手 大判 ビーチマット ビーチタオル 超吸水 タッセル バスタオル

ビーチマット

肌触りがとても良い、ポリエステルのビーチマットです。カラーは4種類あり、全てデザインも違います。なかでも「スイカ」と「レモン」の柄は、高確率でビーチでの注目を集められます。
サイズ:直径150cm
重さ:約500g
素材:ポリエステル

(ec-drive)ビーチタオル バスタオル 大判ビーチタオル ヨガマット 超吸水 ラグマット ビーチマット ラウンドタオル おしゃれ タッセル付き インテリア 多用途 タッセル付

ビーチマット

ポリエステル100%で吸水性に優れた、長方形のビーチマットです。エスニックな雰囲気を醸し出すマンダラ柄が、おしゃれのポイントです。
サイズ:150×75cm
重さ:約290g
素材:ポリエステル

まとめ

ビーチマットは、実用性とおしゃれさを兼ね備えた、ビーチに出かけるのに必携のアイテムです。

ビーチマットを選ぶポイントは、以下2点あります。

  • デザイン
  • 素材

ビーチで快適に過ごしたいのなら素材にはこだわりたいところですが、おしゃれを演出したいなら、やはりデザインも重視したいところです。

今回紹介したのは、デザインにも素材にも優れたビーチマットばかりです。

ビーチマットが欲しいという方は、ぜひこの記事を参考にして、自分好みのものを探してみてはどうでしょうか。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. サーフロックの画像

    サーフィン

    サーファー必見!愛車を守る人気おすすめサーフロック
  2. 水族館の人気者「ジンベエザメ」の知られざる生態を知ろう!

    デイリーライフ

    水族館の人気者「ジンベエザメ」の知られざる生態を知ろう!
  3. サーフィンで焼かないための日焼け対策グッズ7選

    サーフィン

    サーフィンで焼かないための日焼け対策グッズ7選
  4. 生産量№1!広島の牡蠣があんなにも美味しいのは何故!?

    グルメ

    生産量№1!広島の牡蠣があんなにも美味しいのは何故!?
  5. 【2018年の海開き】関東の人気の海水浴場の海開き日をチェックしよう

    デイリーライフ

    【2019年の海開き】関東の人気の海水浴場の海開き日をチェックしよう
PAGE TOP