サーフィン メーカー

サーフィン

 

投稿日時:

最終更新日: 2019.11.23

サーフィンブランド(メーカー)のおすすめ10選

サーファーにはもちろん、サーフィンをしない人にも人気の「サーフィンブランド」。

サーフィンブランドとは、サーフ系ファッションのアパレルを製造・販売しているブランド(メーカー)のことです。

サーフィンブランドの種類はたくさんあるので、どれがいいのか迷う方も多いはずです。

そこで今回は、おすすめのサーフィンブランドを厳選して10社紹介していきます。

目次

サーフィンブランド(メーカー)のおすすめ10選

おすすめのサーフィンブランド10選は、以下のとおりです。

  1. RVCA(ルーカ)
  2. Hurley(ハーレー)
  3. Deus Ex Machina(デウス・エクス・マキナ)
  4. Ron Hermen(ロンハーマン)
  5. TCSS(ティーシーエスエス)
  6. WTW(ダブルティー)
  7. patagonia(パタゴニア)
  8. Billabong(ビラボン)
  9. ROXY(ロキシー)
  10. Saturdays NYC(サタデーズニューヨークシティ)

ここでは、各サーフブランドの特徴について説明していきます。

①RVCA(ルーカ)

サーフィン メーカー

「RVCA」は2001年に設立された、アメリカ・カリフォルニア発祥のサーフィンブランドです。

RVCAのアパレルは、シンプルながらインパクトの強いデザインが特徴です。

RVCAのロゴが入ったTシャツを着ている人を町中で見かけて、印象に残っている人も多いのではないでしょうか?

メンズ・レディース問わず、幅広い人気を誇っているブランドです。

②Hurley(ハーレー)

「Hurley」は1979年、アメリカのカリフォルニアで発祥したサーフィンブランドです。

Hurleyは設立からわずか3年で、全米のトップサーフィンブランドに成長しています。

その後もサーフィンの枠に囚われず、音楽やアート、スポーツを取り入れたブランドとして成長してきました。

スケートやスノーボードでも、人気のファッションブランドとして有名です。

③Deus Ex Machina(デウス・エクス・マキナ)

サーフィン メーカー

「Deus Ex Machina」は2006年に、カスタムバイクのブランドとして、オーストラリアで発祥したメーカーです。

Deus Ex Machinaは日本語で、「機械仕掛けの神」を意味します。

Deus Ex Machinaはバイクだけでなく、サーフィンブランドとしても有名です。

「DEUS」というシンプルながら骨太な印象を与えるロゴマークが、男女問わず人気となっています。

④Ron Hermen(ロンハーマン)

「Ron Herman」は、1976年にアメリカのロサンゼルスで発祥したセレクトショップです。

日本では2009年に東京の千駄ヶ谷に1号店がオープンしたのを皮切りに、全国の主要な都市に出店されています。

Ron Hermanは店内もファッションも、西海岸をイメージしたデザインになっているのが特徴です。

ブラッド・ピットやデビッド・ベッカム、パリス・ヒルトンといった世界的なセレブたちが愛用しているファッションブランドとしても有名です。

⑤TCSS(ティーシーエスエス)

「TCSS」は、2009年にオーストラリアのシドニーで発祥したサーフィンブランドです。

TCSSのアパレルは「シティサーフスタイル」とも呼ばれており、その言葉通り、都会と海のファッションが融合したようなデザインが特徴です。

⑥WTW(ダブルティー)

「WTW」は2011年に日本で発祥した、海を感じる西海岸スタイルの家具やインテリアのブランドです。

WTWという名前は、波待ちを意味する「Waiting for the Wave」が語源です。

WTWでは家具やインテリアだけでなく、アパレルも展開しており、Tシャツやトートバックが人気となっています。

⑦patagonia(パタゴニア)

「patagonia」は1965年にアメリカのカリフォルニアで発祥した、老舗のメーカーです。

サーフィン用品や登山用品、アウトドア用品やアパレルなど、幅広い商品を取り扱っています。

登山用品の製造を手掛けているだけあり、アパレルはデザインだけでなく、機能性の高さも備えているのが特徴です。

⑧Billabong(ビラボン)

「Billabong」は、1973年にオーストラリアのゴールドコーストで発祥した老舗のサーフブランドです。

サーフボードだけでなく、スノーボードやスケートボードでも人気を博しています。

アパレルも手掛けており、主に派手な格好が好きな人たちから高い人気を獲得しています。

⑨ROXY(ロキシー)

サーフィン メーカー

ROXYは、1990年にアメリカのカリフォルニアで発祥した、レディースのファッションブランドです。

カリフォルニアで、「女の子のためのビーチウェア」が欲しいという声を受けて誕生しました。

女の子のためのブランドだけあって、可愛らしいデザインの服が多くなっています。

⑩Saturdays NYC(サタデーズニューヨークシティ)

「Saturdays NYC」は、2009年にアメリカのニューヨークで誕生したセレクトショップです。

2012年には、東京の代官山に日本店もオープンしています。

Saturdays NYCのアパレルの特徴は、シックかつタイトであることです。

ダボッとしたイメージのあるサーフィンブランドのアパレルのなかにあって、都会的な洗練したイメージを演出できるブランドです。

まとめ

サーフィンをする人はもちろん、しない人にとっても、サーフィンブランドは人気です。

ファッションにサーフィンブランドを採り入れてみたいという方は、ぜひこの記事で紹介したブランドのなかから、お気に入りを選んでみてはどうでしょうか。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. オーシャンビュー

    旅行・おでかけ

    鎌倉・湘南の海が臨めるオーシャンビューのお宿予算別ランキング
  2. ダイビング 事故

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイビング事故の主な原因と対処法
  3. サーファーの画像

    サーフィン

    サーフィン初心者のためのレギュラーとグーフィーの違いについて
  4. オーシャンビュー大洗

    旅行・おでかけ

    ガルパンの舞台”大洗”で人気の「オーシャンビュー大洗」って!?
  5. 海で巫女さんに会える!?ちょっぴりセクシーな巫女風水着が誕生

    デイリーライフ

    海で巫女さんに会える!?ちょっぴりセクシーな巫女風水着が誕生
PAGE TOP