ビーチベッド

デイリーライフ

ビーチで極上のリラックスを!おすすめビーチベッド7選

ビーチでの時間を快適に過ごすためのベストアイテム、『ビーチベッド』についてご紹介します。近年では、コスパの良いものや機能性に優れたもの、人気ブランドのものなど、様々なアウトドア用ベッドを手に入れることができます。こちらでは、特にビーチでの利用におすすめのものや、選ぶ時のポイントなどをご紹介させていただきます。ぜひ参考にしてみてください。

目次

ビーチベッドとは

ビーチベッド
ビーチベッドとは、その名の通りビーチに設置して使用する簡易ベッドのことで、日光浴や体を休めたい時にあると便利なアウトドアアイテム。最近はいろいろな種類があるので、ビーチだけでなく、山や川、庭先やオフィスなど様々なシーンで活用できます。

海で使用する場合は、砂や海水、サンオイルなどの付着があるので、長く使うためには使用後のメンテナンスや商品の選び方も大事なポイントです。

ビーチベッドの選び方

アウトドア用の簡易ベッドの中には、ビーチでも使用できるものもあれば不向きなものもあります。見極めるポイントは、フレームやシートの材質、持ち運びがしやすいかどうかです。

フレームは鉄よりもスチールであったり、錆サビ防止のパウダーコート加工がされていたりするものがおすすめです。また、シート生地は、砂が払いやすく速乾性のあるビニールやポリエステルがビーチシーンに合います。持ち運びが楽なのは4㎏前後ですが、中にはセッティングに力が必要なものもありますので、女性の方は購入前の確認をされた方が良いでしょう。

後は、ご自分の体に合うかどうか、理想の寝心地に近いかどうかです。縦横のサイズだけでなく、耐荷重のチェックやリクライニングの有無も確認して選びましょう。

おすすめビーチベッド7選

ビーチで活躍してくれるおすすめのビーチベッドを7つご紹介します。海外仕様のビッグサイズも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

/h3>CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)アウトドア用リクライニングベッドネイビーM-3467

ビーチベッド
約3.7㎏の軽さで耐荷重は80㎏という優れもの。組み立ても収納も簡単で、女性でも楽に持ち運びできておすすめです。リクライニングは5段階あるので、好みの体勢にフィットしてくれます。シートはポリエステル製なので、かかった砂もサッとはらえて快適。ビニールの匂いが苦手な方にも選ばれています。

CAPTAIN STAG (キャプテンスタッグ) アウトドア用サマーベッド クリアブルーM-3451

ビーチベッド
ビーチベッドの定番と言えばこれ。“ボンボンベッド”なんて呼び方もあって、コスパも良くて長く親しまれているビーチベッドです。重さは5㎏で80㎏まで耐えられる丈夫さと、砂やサンオイルの付着も落ちやすいビニール製が人気。フレームが鉄なのでサビには注意が必要ですが、使用後に水洗いしておけば長く持ちます。ビニールの匂いが気になる方は、好みの柄のタオルを敷くとお洒落さもアップしますよ。

BUNDOK(バンドック)スリングベットNT-22

ビーチベッド
アウトドアアイテムで知られるバンドックのビーチベッド。テスリンタイプのシートは通気性抜群で、暑いビーチにピッタリです。重さは4㎏で耐荷重は75㎏となっており、ストライプの涼しげなデザインも合わせて女性の方におすすめ。どんなデザインの水着にもマッチしますよ。

Field to Summit(フィールドトゥーサミット)ラウンジベッド

ビーチベッド
アウトドアテントで人気のあるField to Summitのビーチベッドです。重さは4㎏で耐荷重は80㎏、ポリエステルのシートで速乾性にも優れています。デザインは、レトロモダンなブラウンが基調になっていて、ビーチでも目を引きそう。

LOGOS (ロゴス) ROSY ポライトベッド 73173105

ビーチベッド
カエデ(メイプルリーフ)のマークで有名なアウトドアブランド、ロゴスのビーチベッドです。3.7kgの軽量ボディで80㎏まで耐えられる有能さが人気。シートはポリエステルで、もちろんロゴスのマークも入っています。ロゴスファンにはたまらないビーチベッドとなるはず

Coleman(コールマン) 折りたたみ式ベッド コンバータコットラウンジャー

ビーチベッド
言わずと知れたコールマンのビーチベッド。193.8㎝×64㎝×32.5cmのワイドボディが魅力です。背面は4段階、足側は2段階のリクライニング機能があり、もちろんフラットもOK。海外基準のため体重102.1kgまで対応しており、身体が大きめの男性には大変おすすめです。

asankewl(アズアンクルー)アウトドアベッド

ビーチベッド
こちらも190cm×62㎝のワイドなベッド。重量は5㎏で耐荷重は100㎏という頑丈さがおすすめ。身長の高い方やウェイトが大きい方に向いています。リクライニングはありませんが、ベッドとして使用するほかにベンチとして利用したり、脱いだウェットスーツを干したりなど幅広い使い方が出来ます。組み立てにやや力が必要なので男性向きです。

海水浴では、ぜひ、ビーチベッドを持参して、日光浴などを楽しみましょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 電動空気入れの画像

    デイリーライフ

    浮き輪はボタン1つで膨らむ時代!!電動空気入れの人気おすすめをご紹介
  2. 飛行機の画像

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイビングの後、すぐに飛行機に乗れないの理由とは
  3. ビーチリゾートモリマー

    旅行・おでかけ

    沖縄のビーチリゾートモリマーってどんなホテル?口コミ総まとめ
  4. サーフィンで焼かないための日焼け対策グッズ7選

    サーフィン

    サーフィンで焼かないための日焼け対策グッズ7選
  5. ジェットスキーを始める前に知っておくべき5つのポイント

    マリンスポーツ・レジャー

    ジェットスキーを始める前に知っておくべき5つのポイント
PAGE TOP