ダイビング・シュノーケリング

ダイビングフィンの選び方とおすすめ3選

シュノーケルやダイビングに欠かせない器材の一つが「フィン」です。フィンは、水中での推進力を高める働きをしてくれる重要な器材ですので、自分専用のものを1つは用意しておきたいものです。しかし、ダイビングフィンにも幾つかの種類やメーカーがあり、使いやすさやサイズなどもそれぞれ異なります。フィンを選んでいるうちにどんなものを選んで良いのか迷ってしまうこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、ダイビングフィンの選び方と人気の高いおすすめの商品についてご紹介します。

ダイビングフィンの選び方とおすすめ3選

ダイビングフィンとは

ダイビングフィン
ダイビングフィンとは、ダイビングをする上で欠かせないアイテムの一つで、日本では足ひれとも呼ばれています。ダイビングフィンを足に着けることで、素足で水をかくよりも何倍にも威力がつき、泳ぎや潜水が速くなります。

ダイビングフィンの選び方

自分にあったダイビングフィンとは、どのようなものなのでしょうか。まず第一に大切なのは「サイズ」です。足の大きさにぴったりのものを選ばないと、隙間に小石や海藻などが入ってしまう可能性があります。怪我の原因にもなりかねませんので、必ず足にぴったりフィットした、履き心地の良いのものを選びましょう。

また、レジャーとして使うのか、競技用として使うのかによっても選ぶべきダイビングフィンの種類は異なります。自分の脚力に合わせて最適なフィンを選ぶようにしましょう。

フィンのタイプ

ダイビングフィンには、「フルフットタイプ」と「ストラップタイプ」という二つのタイプがあります。
フルフットタイプは、そのままフィンに足を入れて使用するタイプです。足にぴったりとフィットしたものを選ぶことで、違和感なく使用することができます。基本的には素足に着用ことが多いのですが、靴擦れや怪我などの防止のためにマリンシューズを履いたまま着用する人もいます。

もう一つのストラップタイプは、かかと部分についているストラップでフィット感を調節することができるタイプです。ある程度のサイズ調節は、ここで行えるので少しくらい大きくても大丈夫。ダイビングブーツを履いた状態で着用するため、足からの体温が奪われにくいといった特徴があります。保温性に優れているので冷たい海へのダイビングなどにもおすすめです。

フィンの素材

フィンの画像フィンの種類は、ダイビング用のものやボディーサーフィン用などがあり、それぞれの用途に合わせて長さや幅、素材などが調整されています。また、脚力が強くより強力な推進力を求める人には、「長さがあり固めのタイプ」がおすすめ。脚力が弱くてある程度の推進力で大丈夫、もしくは初心者なら「短め柔らかなタイプ」がおすすめです。
フィンの素材には、プラスチックやゴムが使用されており、それぞれに硬化加工がされているものや、あえて柔らかな加工が施されているものがあります。
どんな海で、どんなダイビングをするのか、目的に合わせて最適なフィンを選びましょう。

おすすめダイビングフィン3選

ダイビングフィンは、安いものから高いものまでで実にたくさんの種類があります。しかし、せっかく自分専用のフィンを購入するなら、自分の足に合うもの使いやすいものを厳選して購入するべきです。安いからといって安易に購入してしまうと「ストラップ部分の調節が甘かった」、「使いにくい」など後悔してしまうこともあります。初心者なら、ショップスタッフに相談しながら一緒に選んでもらうのが一番。少々値がはったとしても、ダイビングを続ける限り無駄になることはありません。

GULL スーパーミュー

初心者ダイバーから上級者まで、幅広く人気なのが、「GULLのスーパーミュー」です。重さのあるゴム製のフィンなら、初心者でも使いやすく、足にフィットする感触もピカイチです。カラフルな色展開をしているので、好みに合わせて好きな色を選ぶことができます。

ダイビングフィン

フルフットフィンの特徴:足全体を包み込む様に設計しており、自分の足の延長の様な感覚で泳ぐ事が出来ます。
カラー:全10色
サイズ:
M 24cm/25-26cm
L 26cm/27-28cm
XL 27cm/28-29cm

mares アヴァンティ クアトロ

同じ脚力でも、より長い距離が移動できる優れた推進力を持った「mares アヴァンティ クアトロ」のダイビングフィン。スムーズな着脱が可能で、足へのフィット感も抜群です。キック力の弱い女性や初心者にもおすすめのダイビングフィンと言えるでしょう。

・新素材のHI-FLEX使用でよりフレキシブルに
・4チャネル効果で最大の推進力
・バンジーストラップ装備
・対象:初級者~
カラー:BK、LM、WH、YL、FL
サイズ:
S 24cm-26cm
R 26cm-28cm
XL 28cm-30cm

tusa sport ゼロフィン

ブレード部分に20°の傾斜とベントホールを設けることで、水中の無駄な抵抗をなくした高性能なダイビングフィンです。長い時間のダイビングで足の疲れを感じさせず、強力な推進力で初心者にもおすすめです。

ダイビングフィン

・SF0102 Imprex Duoフィンは、TUSAの特許取得済み。アングルド・ブレード・デザインとマルチコンパウンド・フット・ポケットを備え、フィン・ブレードへの動力伝達を高めます。 Imprex Duoには、高性能と補強されたサイドレール用の2つの材料設計があり、疲労のない強力な推進力を提供します。
カラー:BK、FB、FY
サイズ:
S 24cm-26cm
M 26cm-28cm

機能だけでなく、デザイン性にも優れたフィンがどんどん登場しています。お気に入りのフィンを身に着けて海の世界にでかけましょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. レギュレータの画像

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイビングの必須アイテム「レギュレーター」の選び方とおすすめモデル6選
  2. 伊豆のオーシャンビューのホテル・旅館

    旅行・おでかけ

    伊豆で海が臨める絶景オーシャンビューのお宿BEST10
  3. キャンプ 海水浴

    マリンスポーツ・レジャー

    キャンプと海水浴どちらも楽しみたい人におすすめビーチ近くのキャンプ場
  4. ビーチリゾートモリマー

    旅行・おでかけ

    沖縄のビーチリゾートモリマーってどんなホテル?口コミ総まとめ
  5. 海女さん

    サーフィン

    一切の道具無しで獲物を捕まえる海女さんのココがスゴい!
PAGE TOP