ダイビング 痩せる

ダイビング・シュノーケリング

ダイビングって痩せるの!?ダイビングの消費カロリーは実は・・・

目次

巷では、ダイビングは痩せるのに適したスポーツだという噂があります。

この噂を聞いて、ダイビングにチャレンジしてみようと思っている方もいるかもしれません。

しかし一方で、ダイビングは本当に痩せるのに効果があるのかと疑問に思っている方もいるはずです。

そこで今回はそんな方のために、ダイビングが痩せるのに効果的かどうか、またダイビングの消費カロリーがいくつなのかについて紹介していきます。

ダイビングで痩せる噂は本当か

ダイビング 痩せる

ダイビングをすると痩せるという噂は、本当です。

ダイビングでは、主に脚の筋肉を使います。

脚の運動は、脂肪燃焼に最も効果的です。

さらにダイビングには、代謝を上げる効果もあります。

ご存知のとおり、ダイビングは海の中に潜って、海中を散策するスポーツです。

ダイビングをしている最中、体には水圧がかかります。

この水圧によって脚が引き締められると、体の下のほうに溜まった血液が押し上げられ、体全体に循環し、代謝が上がります。

代謝が上がると、エネルギーを消費しやすくなり、痩せやすくなるのです。

ダイビングの消費カロリーは!?

ダイビング 痩せる

ここまでの説明で、ダイビングがダイエットに効果的だということが分かったはずです。

しかし痩せたいという人にとって、一番気になるのが、その運動をした時の消費カロリーではないでしょうか。

ダイビングの消費カロリーは、いったいどれくらいあるのでしょうか?

消費カロリーは、「METs(メッツ)」を使った計算式で求められます。

METsとは、運動や身体活動の強度を表した単位です。

METsは、その運動をした時に、安静にしている時の何倍のカロリーを消費するかを表しています。

安静時を1.0METsとして、ダイビングの運動強度は7.0METsです。

つまりダイビングをすると、安静時の7倍のカロリーを消費していることになるのです。

消費カロリーは、「1.05×METs×時間(h)×体重(kg)」で計算できます。

この式に当てはめると、ダイビングを30分した場合の体重別の消費カロリーは、以下のようになります。

  • 50kg…1.05×7.0×0.5×50=183.75kcal
  • 60kg…1.05×7.0×0.5×60=220.5kcal

このように、ダイビングを30分間した場合、体重が50kgなら約184kcal、60kgなら約221kcalを消費することになるのです。

テニスやスキーの運動強度も、7.0METsです。

つまりダイビングは、テニスやスキーと同じカロリーを消費するスポーツだと言えます。

また、エアロビクスは6.5METsなので、消費カロリーはダイビングのほうが高くなります。

他のマリンスポーツ・レジャーと比較してみた

ダイビング 痩せる

先ほど、ダイビングはテニスやスキーと消費カロリーが同じだと説明しましたが、他のマリンスポーツやレジャーと比べてどうなのでしょうか?

主なマリンスポーツやレジャーのMETsと、体重別の30分間の消費カロリーは以下のとおりです。

【シュノーケリング】…5.0METs

  • 体重50kgの場合…131kcal
  • 体重60kgの場合…158kcal

【サーフィン】…3.0METs

  • 体重50kgの場合…79kcal
  • 体重60kgの場合…95kcal

【スタンドアップパドルボード】…6.0METs

  • 体重50kgの場合…158kcal
  • 体重60kgの場合…189kcal

「シュノーケリング」はダイビングと似たマリンスポーツですが、海中に潜らないぶん、消費カロリーはダイビングより低くなっています。

「サーフィン」の消費カロリーは、意外なことにダイビングの半分以下です。

「スタンドアップパドルボード」も、他のマリンスポーツに比べれば消費カロリーは高めですが、ダイビングには敵いませんでした。

ダイビングと他のマリンスポーツやレジャーを比較した消費カロリーは、以下のとおりです。

METs 消費カロリー(kcal)
体重50kg 体重60kg
ダイビング 7.0 184 221
シュノーケリング 5.0 131 158
サーフィン 3.0 79 95
パドルボード 6.0 158 189

このようにダイビングは、他のマリンスポーツやレジャーと比べて、特に消費カロリーが高くなっています。

このことから分かるように、ダイビングはマリンスポーツやレジャーのなかでも、特にダイエットにおすすめのスポーツだと言えるでしょう。

まとめ

ダイビングは以下2つの理由から、痩せるのに適したスポーツだと言えます。

  • 脂肪燃焼の効果がある
  • 代謝が上がる

ダイビングは脂肪の燃焼に最も効果的な、脚を使うスポーツです。

水圧によって代謝が上がるため、痩せやすくなる効果もあります。

また、ダイビングは消費カロリーも高くなっています。

ダイビングを30分間した場合の体重別の消費カロリーは、以下のとおりです。

  • 50kg…1.05×7.0×0.5×50=183.75kcal
  • 60kg…1.05×7.0×0.5×60=220.5kcal

これは、テニスやスキーと同等の消費カロリーです。

また、シュノーケリングやサーフィン、スタンドアップパドルボードと比べても、ダイビングの消費カロリーは高くなっています。

痩せたいという方は、ぜひダイビングをして、海中散策を楽しみながらシェイプアップしてみてはどうでしょうか。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. マリシアスイム

    デイリーライフ

    しゃべくり007で木村佳乃が絶賛してた水着「マリシアスイム」って何!?
  2. 【メンズ・レディース】人気ブランドのおすすめラッシュガード13選

    サーフィン

    【メンズ・レディース】人気ブランドのおすすめラッシュガード13選
  3. サーフィン用腕時計

    サーフィン

    サーファーが愛用する、おすすめサーフィン用腕時計7選
  4. 国産のプライベート潜水艇「JAPANG(ジパング)」

    マリンスポーツ・レジャー

    1家に1台潜水艇の時代!?国産プライベート潜水艇が新発売
  5. キャンプ 海水浴

    マリンスポーツ・レジャー

    キャンプと海水浴どちらも楽しみたい人におすすめビーチ近くのキャンプ場
PAGE TOP