サーファーの画像

サーフィン

冬のサーフィンの必須アイテム「サーフグローブ」の人気おすすめ7選

冬のサーフィンなんて寒すぎて考えられないと思う人もいるかもしれませんが、実は冬の波は夏に比べて高く、上質な波を楽しむことが出来ます。人も少ないので周りにあまり気を使う必要もありません。しかし、「寒い!」というデメリットもあります。そんな冬のサーフィンの必須アイテムがサーフィン用グローブ「サーフグローブ」です。今回はサーフグローブを紹介します。

目次

サーフグローブとは

サーフグローブとは

出典:amazon

人の体温は手足から冷えていきます。そのため冬のサーフィンで少しでも暖かさを保つためには手足をいかに冷やさないかが重要となります。そのため冬のサーフィンにはサーフィン用のグローブ「サーフグローブ」が必須アイテムと言っても過言ではありません。サーフグローブはウェットスーツと同様伸縮性のある素材で作られており、手にフィットする仕様になっています。メーカーによって素材は異なっており、最近では各メーカー、保温性を高めた独自素材を取り入れたサーフグローブが増えてきました。

サーフグローブには「スタンダード」と「ミトン(ロブスター)」の2種類のタイプがあります。スタンダードタイプは全ての指が分かれており、グローブをしていない時と同様に指を自由に動かせます。しかし、水との接触面が広いため、保温性はミトンに比べて劣ります、「ミトン」は別名ロブスタータイプとも呼ばれ、中指から小指までの3本指が一体型になっています。全ての指が水に触れないため保温性に優れています。一方で指が分かれていないため動かしづらくという欠点もあり、パドリングは慣れるまでは苦戦するかもしれません。

サーフグローブの選び方

先述した通り、サーフグローブには2種類あり、それぞれ一長一短あります。ただ、冬のサーフィン用としてサーフグローブを購入しようとしているのであれば、ミトンタイプをオススメします。最初は動かしづらさが気になるかもしれませんが、すぐ慣れるのでそこまで心配する必要はありません。それよりも保温性を重視した商品を選ぶべきです。

どうしてもスタンダードタイプが良いという人は、生地の厚みを重視してください。生地が厚いほうが保温性に優れています。商品説明にある○mm というのが生地の厚みを表しています。「○×○mm」とある場合は、手の甲の生地の厚みと手の平の生地の厚みを表しています。例えば「3×2mm」の場合は手の甲が3mm、手の平が2mmになります。ただ5mmくらいの厚さになると、人によっては動かしづらいと感じ、スタンダードタイプのメリットを失ってしまいかねないので注意してください。また、選ぶ上でサイズ感は重視すべきポイントになります。大きすぎると、浸水量が多くなってしまい、保温性を失ってしまいます。

人気のサーフグローブ7選

2018 O’NEILL サイコアイスグリッパーミトン5.0

人気のサーフグローブ7選 2018 O'NEILL サイコアイスグリッパーミトン5.0
O’NEILLは米国カリフォルニアで、海軍の潜水服からヒントを得て、世界で初めてウェットスーツを開発したサーフブランドで、世界中にファンを持つサーフブランドのパイオニアです。そんなO’NEILLのサーフグローブ2018年モデルです。3本指のミトンタイプのサーフグローブで内面、手の平にはセミドライウェットスーツで使われている起毛素材を使用してます。さらに甲側には水を吸わないリペルスキンを採用することで、保温性に大変優れています。表面にはストレッチジャージ、手の平には滑り止め加工が施してあり、機動性も確保されています。

TABIE REVO(タビーレボ) サーフィングローブ3mm

人気のサーフグローブ7選 TABIE REVO(タビーレボ) サーフィングローブ3mm
スタンダードタイプだが、手の甲のスキンは保温性を重視し、手の平は機動性を重視したジャージ素材を取り入れているハイブリットグローブ。さらに、速乾、伸縮性にも優れている抗菌素材でバクテリア、カビの繁殖を防ぎ、嫌な臭いを軽減してくれます。手首部分を斜面状にカットすることで着脱も楽になっています。

SURF8(サーフエイト) サーフィングローブ 87F2X8

人気のサーフグローブ7選 SURF8(サーフエイト) サーフィングローブ 87F2X8
多くのウエットスーツにも採用されている高伸縮ジャージを仕様したサーフグローブです。優れた伸縮性と柔軟性を持ち合わせた素材で手にしっかりとフィットし、ストレスゼロの付け心地を実現しています。手首周りにはラバーを取り入れ、水の浸入を最小減に抑えることで保温性を高めています。

SURF8(サーフエイト) ロブスターグローブ インナーセット 86F2G6

人気のサーフグローブ7選 SURF8(サーフエイト) ロブスターグローブ インナーセット 86F2G6
サーフエイトのミントタイプのサーフグローブです。生地の厚さは1.5mmですが、速乾性に優れたQUICKDRYのインナーグローブがセットになっており、保温性を高めることが出来ます。水温に応じてインターグローブのみを使うなど使い分けが出来ます。

MAGICROYAL ミトングローブ4mm

人気のサーフグローブ7選 MAGICROYAL ミトングローブ4mm
日本を代表するウェットスーツブランド「マジック」の高品質シリーズ「MAGICROYAL」のミントタイプサーフグローブ。ウェットスーツで培った技術力で保温性に優れていることで定評があるブランドです。表面はジャージ素材を採用することで耐久性に優れ、手の平のディンプル加工でグリップ力も優れています。

MAGICROYAL 5本指サーフグローブ 2.5mm

人気のサーフグローブ7選 MAGICROYAL 5本指サーフグローブ 2.5mm
日本を代表するウェットスーツブランド「マジック」の高品質シリーズ「MAGICROYAL」5本指タイプのサーフグローブ2018年モデル。ウォーターブロックによりグローブの中への浸水を極力抑制しています。素材はF-CHECKERジャージを採用し、高い耐久性を実現。保温性・抗菌防臭効果に優れ、手のひらのディンプル加工により、ボードを果実にホールドします。厚さ2.5mmなので動かしづらさもなく、パフォーマンスの邪魔をしません。

SurfSkull(サーフスカル) サーフグローブ

人気のサーフグローブ7選 SurfSkull(サーフスカル) サーフグローブ
元々、作業用品を製造販売している東京の知智プラン株式会社がその技術を活かして作ったサーフブランドが「SurfSkull」です。完全防水素材「ネオプレーン」を素材としたサーフグローブは、伸縮性が高く、握りやすく疲れにくいソフトなはめ心地です。外気を遮断し、保温性にも非常に優れます。

寒いけど魅力的な冬のサーフィンも暖かいお気に入りのサーフグローブで快適に楽しみましょう!

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 人気ブランドのマリンブーツ(ダイビングブーツ)おすすめ9選

    ダイビング・シュノーケリング

    人気ブランドのマリンブーツ(ダイビングブーツ)おすすめ9選
  2. サンオイルって効果あるの?日焼けしたい人必見!おすすめサンオイル8選

    デイリーライフ

    サンオイルって効果あるの?日焼けしたい人必見!おすすめサンオイル8選
  3. カリフォルニアスタイル

    インテリア

    お部屋を西海岸リゾートに!カリフォルニアスタイルのおしゃれ壁紙7選
  4. 世界でも珍しい巨大水槽とジンベエザメを体感できる水族館「海遊館」

    デイリーライフ

    世界でも珍しい巨大水槽とジンベイザメを体感できる水族館「海遊館」
  5. 西海岸ウェディング ザ・ビーチ

    デイリーライフ

    横浜で憧れのアメリカ西海岸風ウェディングができちゃう!?
PAGE TOP