水中ライト(ダイビングライト)のおすすめ人気8選

ダイビング・シュノーケリング

水中ライト(ダイビングライト)のおすすめ人気8選

ダイビングの際に暗い水中を明るく灯してくれる便利アイテム「水中ライト(ダイビングライト)」には、明かりの強さや形状など様々で、自分の目的にあったものを選ぶ必要があります。そこで、今回は水中ライトについてとおすすめの水中ライトを厳選してご紹介します。

目次

水中ライトとは

水中ライトとは

出典:amazon

水中ライトはダイビングライトとも呼ばれ、暗い水中を明るく灯してくれる便利アイテムでダイビングやシュノーケリングで使用します。水中は水深が深くなればなるほど暗くなり、周りが見えにくくなるので、水深深く潜る際に水中ライトは安全面からも重要なアイテムになります。また、魚などの生物は岩陰などの影に隠れていることが多く、そういった魚を見つける際や水中で静止画や動画を撮る際の光源代わりとしても役立ちます。

水中ライトの選び方

水中ライトの選び方

出典:PADI

水中ライトは物によって明るさの強さや照らせる範囲が異なっています。そのためどういった用途で使用したいか目的をきめてそれに合った機能の水中ライトを選ぶ必要があります。主な水中ライトの用途である
・洞窟探索やナイトダイビングなど暗い場所をダイビングする際に使用する
・水中撮影の際の光源・ストロボ代わりに使用する
・物陰に隠れた生き物を探し出すために使用する
では、水中ライトに求めるものも大きく異なります。

明るさ

水中ライトの明るさは「ルーメン」で表されます。光の量を示す単位であり、水中撮影を行う場合、1,000ルーメン以上の非常に強い水中ライトを使用する場合もありますが、生き物を撮るときなどにはワイド照射の200ルーメン前後のもので大丈夫です。

ワイド照射とスポット照射

水中ライトには、ワイド照射とスポット照射があります。これらは光の広がり方が異なっており、ワイド照射は広く周りを照らすことができ、スポット照射は特定の範囲を遠くまで照らすことが出来ます。これらを比較する際に使われるのが「ルクス」と「照射角」です。ルクスは単位面積当たりに入射する光束の量を示し、値が大きいほど対象物に当たる光が強いことを意味します。ルクスはルーメンと照射角で決まります。例えば同じルーメンの水中ライトで照射角が45°と75°のモノを比較すると、ルクスは照射角が45°の水中カメラの方が大きくなります。特定の対象物を明るく灯したい場合は同じルーメンなら照射角が狭いスポット照射の水中ライトを選ぶほうがはっきりと見えるとおい事になります。

洞窟探索やナイトダイビングなど暗い場所をダイビングする際にはワイド照射の水中ライトが良いですし、物陰に隠れた生き物を探し出すならスポット照射のあまり強すぎない水中ライトという風になるのです。

おおすめ水中ライト8選

FUSION530 LEDライト ワイド 530ルーメン

おおすめ水中ライト7選 FUSION530 LEDライト ワイド 530ルーメン
コンパクトだが530ルーメンの充分な明るさを誇る水中ライト。完全防水で100メートルの水深でも使用できる、丈夫な設計です。連続使用時間が約3時間なのでダイビングにも安心して使用できます。照射角度が12~100度で調整することができるので、シーンに合わせて使い分け出来ます。

SHOOT ダイビングライト

おおすめ水中ライト7選 SHOOT ダイビングライト
おおすめ水中ライト7選 SHOOT ダイビングライト
こちらは写真のようにアクションカメラのセルフィーに装着して、キレイに動画や写真を撮影することができる水中ライト。完全防水で、水深30mまで大丈夫です。明るさは300ルーメン。

ORCATORCH D520 ダイビングライト

おおすめ水中ライト7選 ORCATORCH D520 ダイビングライト
IPX8完全防水で水深150mまで使用可能です。手に持ちやすいコンパクトサイズですが1000ルーメンと明るさは充分。12度のスポット照射と72度のワイド照射をシーンによって使い分けできます。

CrazyFire

おおすめ水中ライト7選 CrazyFire
水中ライト(ダイビングライト)の多くが黒色だが、その中で異才を放つ赤の水中ライト。見た目のインパクトだけではなく、スペックも充実。水深100mまでの完全防水仕様で、明るさは4,000ルーメン。稼働時間も5時間とハイパワーの水中ライトです。

Odepro WD12 IPX8級防水ダイビングライト

おおすめ水中ライト7選 Odepro WD12 IPX8級防水ダイビングライト 
約170メートル先まで照射可能で、1050ルーメンという驚異の明るさを実現している水中ライト。耐圧性に優れ100m防水の性能を誇ります。スイッチで 強、弱、フラッシュ(点滅)の3段階に明るさ調整が可能になっています。

BlueFire 水中懐中電灯 Cree XM-L2

おおすめ水中ライト7選 BlueFire 水中懐中電灯 Cree XM-L2
IPX8防水仕様で水深100Mまで使えます。ハイ、ロー、フラッシュ 3つのモードを搭載しており、状況に合わせて使うことができます。

Pellor 充電式LED水中ライト

おおすめ水中ライト7選 Pellor 充電式LED水中ライト
明るさが脅威の4000ルーメンの水中ライト。明るさは調整可能なのでシーンに合わせてお好みに調整出来ます。水深100mまで対応しているのでダイビングも大丈夫。充電式なので使う前には充電することをお忘れなく!

BlueFire ダイビングライト Cree XM-L2

おおすめ水中ライト7選
ダイビングライトの中でもコンパクトなサイズで手首に装着することもできます。水深25Mまでなので本格派ダイバーには不向きですが、初心者で手に水中ライトを持うのが不安な人にはおすすめの水中ライトです。

目的に合わせた水中ライトでダイビングやシュノーケリングを楽しみましょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

関連記事

  1. パドリングの画像

    サーフィン

    動画で学ぶ!サーフィンのパドリングの基本と練習方法

    サーフィンの基礎中の基礎であるパドリングですが、ストロークしてもしても…

  2. ダイブコンピュータの画像

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイブコンピューターの選び方と人気ブランドを紹介

    ダイブコンピューター、通称「ダイコン」は現在の水深や潜水時間、水温など…

  3. アプリの画像

    サーフィン

    最高の波を逃さない!サーフィンに役立つおすすめ便利アプリ

    サーフィンで役立つ便利アプリが次々にリリースされ、サーフィンがより楽に…

  4. サーファーの画像

    サーフィン

    サーフィン初心者のためのレギュラーとグーフィーの違いについて

    サーフィンはスノーボードなどと同様に右足、左足、どちらの足を前にして、…

  5. ウェットスーツの画像

    マリンスポーツ・レジャー

    ドライスーツ,セミドライ・・・ウェットスーツの違い知っていますか!?

    皆さんはウェットスーツにどれだけの種類があるかご存知ですか。実はウェッ…

  6. あなたは縦置き派?壁掛け派?サーフボードラックのおすすめ9選

    インテリア

    あなたは縦置き派?壁掛け派?サーフボードラックのおすすめ9選

    サーファーにとって頭を悩ませるのがサーフボードの保管場所ですよね。特に…

  1. 人気のマリンレジャー「シーカヤック」の魅力とは!?

    マリンスポーツ・レジャー

    人気のマリンレジャー「シーカヤック」の魅力とは!?
  2. 機能とデザインを兼ね備えたおすすめガーデンパラソル10選

    デイリーライフ

    機能とデザインを兼ね備えたおすすめガーデンパラソル10選
  3. 海とランチ

    グルメ

    鎌倉・湘南で海が見えるオーシャンビューレストラン・カフェ8選
  4. サーファーの画像

    サーフィン

    冬のサーフィンの必須アイテム「サーフグローブ」の人気おすすめ7選
  5. サーフィン後の後片付けが驚くほど楽になるおすすめバケツ7選

    サーフィン

    サーフィンに行くならバケツは絶対!後片付けが驚くほど楽になるバケツ7選
PAGE TOP