パドリングの画像

サーフィン

動画で学ぶ!サーフィンのパドリングの基本と練習方法

サーフィンの基礎中の基礎であるパドリングですが、ストロークしてもしても前にうまく進まないと悩む初心者も多いです。正しいパドリングを身につけることはテイクオフの上達にもつながり、結果、サーフィン上達の近道になります。そんなパドリングの基本から上達のためのポイント、波の避け方まで動画を踏まえながら、初心者でもわかりやすく紹介しています。

目次

パドリングの基本

サーフィンの基礎中の基礎のパドリングはボードの上にうつ伏せで乗り、手をクロールのようにストロークさせて進むことを言います。略してパドルと呼ぶ人もいます。また、パドリングを行い、沖に出ることをゲッティングアウトと呼びます。パドリングを練習する際には波の避け方や波待ちの方法も合わせて身につけるようにしましょう。

パドリングでは正しい「ポジション」と「ストローク」を抑えることで少ない力でもスピードに乗ることができるようになります。ポジションとはボードの上での体の位置のことです。ボードの重心と体の重心をあわせることが重要になります。サーフボードが水面に対して並行であればあるほど水の抵抗が少なく前に進むようになるので、ボードの重心に対して体の重心が前掛かりや後掛かりになって、ボードが前後に傾いていては上手く進みません。おへそに重心を置くことを意識しましょう。

ポジションが決まれば次にストロークでしっかりと水をかき、前に進んでいきます。ストロークでは手の深さと長さが重要になります。手は水の抵抗が適度になる半開きにし、肘くらいの深さで漕ぐことが理想と言われています。胸を反って頭をボードから離すと、肘を曲げたストロークがしやすくなります。初心者は深く漕げば進みやすくなると思いがちですが、深く漕ぐと水の抵抗を受けすぎてバランスを崩し、結果、力が伝わらずにあまり前に進みません。肘が水面にかかるくらいの深さで水を前から後ろにしっかりとおへその辺りまでかきます。前から後ろにしっかりと長く水をかくことが加速に繋がります。パドリングは沖に出るだけでなく、テイクオフの際にも重要となってくるので、正しいパドリングを身につけることがサーフィン上達の大きな1歩となります。

波の避け方


パドリングで前に進んでいる際にも波はやってきます。この波に飲まれてしまうと、せっかく進んだのに流されて戻っってしまいます。そのため、上手に波を避ける術を身に着けておく必要があります。主に使われるのは「プッシングスルー」と「ドルフィンスルー」です。

【プッシングスルー】
小さな波に対して簡易的に避けるために使用する技です。波が来たタイミングでボードを手で押し、腕を伸ばして上体を起こします。そうすることでボードは波に沈め、体は波の上を通過するようにします。ボードの種類に関係なく行われる一般的な方法です。

【ドルフィンスルー】
プッシングスルーでは避けられない大きな波に対して、体とボードどちらも波の下に潜らせて波を避ける方法をドルフィンスルーと言います。ショートボードや浮力の少ないファンボードで一般的に行われる方法です。ロングボードのように大きいボードではドルフィンスルーではなく、ローリングスルーと呼ばれるボードを抱きかかえて1回転しながら波の抵抗を受け流す方法が有効的です。

波待ちの方法


波待ちの際にはボードの重心から少し下がった場所に座るようにします。ノーズが水面からしっかりと出ていると安定し易いです。犬かきのように足を回してバランスを保ちます。

パドリングで意識するべきポイント

【姿勢と重心】
ボードの重心と体の重心を合わせることが重要だと説明しましたが、初心者の人はボードの重心にマーカーをしておくとわかりやすくてよいでしょう。ボードの重心はボードを横向きで持った際に水平に持てる位置のことです。体の重心はだいたいおへそくらいにあるので、マーカーとおへそを合わせることを意識すると良いでしょう。

【足】
足は肩幅くらいに開いておくことで体の重心を安定させることができます。

【目線】
目線はまっすぐ遠くを見ることを意識しましょう。顔を上げることで上体が少し起き上がり、重心がおへそ辺りに安定し易いとともに、肘を曲げたストロークもしやすくなります。

上級者のパドリングテクニック


沖に出る際のパドリングでは腕の力をなるべく使わないようにするためにS字パドルを行います。前から後ろへボードの下を通ってS字を描くように滑らかなストロークをします。S字パドルは均等に筋肉を使うので、疲労を感じにくくなります。逆にテイクオフ時の際にはしっかりとスピードに乗れるように斜め前から引いて、斜め後ろに押し出す、V字型のように水をかくストロークを行います。

パドリングの基礎を身につけることでテイクオフの際にはしっかりとした加速がついたパドリングが行えるようになり、上手なテイクオフからのトリックなどの動きへとつながっていきます。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 【初心者必見】サーフィンを始める前に知っておくべきサーフィン知識

    サーフィン

    【初心者必見】サーフィンを始める前に知っておくべきサーフィン知識
  2. ビーチヨガの画像

    デイリーライフ

    心も体もリフレッシュ!話題のビーチヨガとは!?
  3. ダイビングの必須アイテム「BC(BCD)」のおすすめ9選

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイビングの必須アイテム「BC(BCD)」のおすすめ9選
  4. 免許が無いとダメ!?3分でわかるジェットスキーの免許取得の方法

    マリンスポーツ・レジャー

    免許が無いとダメ!?3分でわかるジェットスキー免許の取得方法
  5. サーファーの画像

    サーフィン

    サーフィン初心者のためのレギュラーとグーフィーの違いについて
PAGE TOP