大手回転すしチェーン初!あのスシローが挑む赤シャリとは!?

グルメ

大手回転すしチェーン初!あのスシローが挑む赤シャリとは!?

2018年4月11日に人気の回転寿司チェーン「あきんどスシロー」が期間限定で赤酢を使用した「赤シャリ」を使用した寿司を提供することを発表しました。赤シャリと普通のシャリとでは何が違うのでしょうか。今回はスシローも挑戦を図る赤シャリについてご紹介します。

目次

あのスシローが赤シャリに挑戦

スシローの赤シャリのお寿司

出典:@Press

スシローはこれまで、『世界の海からいいネタ100円PROJECT』や『地元の旬の天然もの!スシロー×羽田市場』などのプロジェクトを中心にネタの品質向上に努めていたが、さらに寿司に磨きをかけるために「シャリの変更」を行うようだ。スシローは現在、幅広い年齢層の方から愛されるように少し甘みを感じるシャリを提供しているが、これをネタの旨さを引き出すことに長けた、独自開発した「スシローの赤酢」を使用したシャリに切り替えたお寿司を大手回転寿司チェーンで初めて提供するそうです。

「スシローの赤酢」は熟成した酒粕を原料に使用しており、シャリにした時にしっかりとした酸味とコクのある味わい、そしてネタの旨味が感じられるとのこと。赤酢を使用した「赤シャリ」を大手回転寿司チェーンが使用するのは初の試みとのことで、楽しみです。この「スシローの赤酢」を使用した赤シャリが食べられるのが4月12日(木)~22日(日)までの期間限定です。

赤シャリとは

赤シャリとは
スシローが新たに挑戦する「赤シャリ」ですが、そもそも赤シャリとはどういったものなのでしょうか。 赤シャリとは赤酢を使用したシャリになり、「赤酢」は酒粕を原料とした色の濃い酢のことです。酒粕には糖分やアミノ酸などの栄養分多く含まれており、酢そのものを褐色に変化させる効果があります。そのため赤酢は褐色であり、これをご飯に混ぜると、ご飯も褐色の赤っぽいシャリが出来上がるのです。
赤シャリのお寿司
江戸時代、握り寿司が考案され、多くの寿司屋が屋台形式で寿司を提供していました。当時は野外であったため、しゃりが傷みにくいように工夫をする必要があり、それには赤シャリが適していたとされています。つまり、元々握り寿司は赤シャリだったのです。しかし、鮮魚の品質管理技術が高まるとともに、味の管理が大変である赤シャリは、赤酢の製造自体も大変であることも相まって、現在のようなしゃりに切り替わっていったとされています。

手間暇がかかる分、赤シャリで作られた寿司はとてもまろやかで、ネタの旨味を引き立てるとされています。美味しさを追求してあえて大変なことに挑戦したスシローの「赤シャリのお寿司」、ぜひ、食べてみたいものです。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 千里浜なぎさドライブウェイ

    旅行・おでかけ

    日本唯一の車で走れるビーチ「千里浜なぎさドライブウェイ」に出かけよう
  2. 西海岸インテリアでリゾート感あるお部屋を生み出すポイント8選

    インテリア

    カリフォルニアスタイルの西海岸クッションでお部屋を模様替え
  3. 沖縄の海ー海とシーサー

    旅行・おでかけ

    沖縄本島で海が臨める絶景オーシャンビューのホテルBEST20
  4. 水でポウの画像

    デイリーライフ

    海・プールで盛り上がる!大人が楽しめる水鉄砲の人気おすすめ9選
  5. 【メンズ・レディース】人気ブランドのおすすめラッシュガード13選

    サーフィン

    【メンズ・レディース】人気ブランドのおすすめラッシュガード13選
PAGE TOP