ビーチサッカー

マリンスポーツ・レジャー

意外と知らない!ビーチサッカーのルールと魅力

ビーチサッカーは、サッカーよりも気軽に、遊び感覚でできるおすすめのスポーツです。

しかし日本では、ビーチサッカーの認知度があまり高くないため、どのようにやるのか分からないという方もいるはずです。

そこで今回はそんな方のために、ビーチサッカーがどんなスポーツで、どんなルールなのかについて説明していきます。

あわせて、国内でビーチサッカーができる施設についても紹介していきましょう。

目次

ビーチサッカーとは

ビーチサッカー

ビーチサッカーとは、砂浜で行うサッカーのことです。

ビーチサッカーは、サッカーが盛んなブラジル発祥のスポーツです。

サッカーに比べて体力がなくてもできることから、ブラジルでは引退したサッカー選手がビーチサッカーに転向することも多くなっています。

ビーチサッカーは欧米にも普及しており、1995年からはワールドカップも開催されています。

さらに2005年からは、ワールドカップが「FIFA(国際サッカー連盟)」の主催で行われるようになりました。

日本もビーチサッカーのワールドカップに参戦しており、2000年と2005年の大会では4位に入賞しています。

ビーチサッカーのルール

ビーチサッカー

ビーチサッカーも基本的なルールはサッカーと同じで、時間内に相手チームのゴールに数多くのシュートを決めたチームの勝利となります。

ただしビーチサッカーとサッカーとでは、以下のように選手の数や試合時間、コートの広さなどの点で異なります。

ビーチサッカー サッカー
選手の数 5人 11人
試合時間 12分×3ピリオド 45分ハーフ
コートの広さ 28m×37m 68m×105m

11人で行われるサッカーと違い、ビーチサッカーは5対5で行われます。

試合時間は、12分×3ピリオドの計36分です。

コートの広さは縦37m×横28mで、サッカーコートの約7分の1となっています。

またビーチサッカーはサッカーと違って、試合中の選手の交代数に制限がありません。

体力を要さないのは、サッカーより試合時間が短く、コートが狭いだけでなく、疲れたらすぐに交代できることが理由です。

とはいえビーチサッカーのコートは深さ40cmの砂場のため、サッカーとは別の体力を使うことになります。

またスパイクを履いてするサッカーと違って、ビーチサッカーは裸足で行います。

気軽に行けるぞ!おすすめビーチサッカー場

日本国内にも、気軽にビーチサッカーができる施設があります。

ここでは、日本のビーチサッカー場を3つ紹介していきましょう。

コナミスポーツクラブ府中

「コナミスポーツクラブ府中」は、東京都府中市にあるスポーツクラブです。

コナミスポーツクラブは、大手ゲーム会社のコナミのグループ企業であり、スポーツクラブ業界でトップシェアを誇っています。

コナミスポーツクラブ府中のビーチサッカー場は、施設内にあるインドアコートです。

厳密にはビーチバレー場ですが、ビーチサッカーもできます。

コナミスポーツクラブの会員でなくても、平日は30分3,240円、土日祝日は30分4,320円でコートをレンタル可能です。

ただしレンタルコートの利用は、最低1時間からとなっています。

公式HP:http://information.konamisportsclub.jp/004469.html

TAKA FIELD

ビーチサッカー

出典:TAKA FIELD

「TAKA FIELD」は、神奈川県横浜市にある常設のビーチサッカー場です。

オーナーは、ビーチサッカー日本代表の後藤崇介選手が務めています。

コートのレンタル料金は、使用する日時のほか、登録チームである「メンバー」か「ビジター」かによっても異なります。

1時間あたりのそれぞれの団体レンタル料金は、以下のとおりです。

メンバー ビジター
平日 ~18時 5,000円 6,000円
18時~ 8,000円 9,000円
土日祝日 10,000円 11,000円

深夜0時まで営業しているので、会社帰りにビーチサッカーをするのにもおすすめです。

公式HP:http://takafield.com/

美らSUNビーチ

「美らSUNビーチ」は、沖縄県豊見城市にある人工のビーチです。

那覇空港から車で15分の好立地にあるので、沖縄旅行の際はぜひ立ち寄りたいところです。

美らSUNビーチのなかには、ビーチサッカー場もあります。

ビーチサッカー場のレンタル料金は、1時間あたり、わずか700円です。

美らSUNビーチではビーチサッカー場のほかにマリンスポーツエリアもあり、シュノーケリングやバナナボード、シーカヤックなど様々なマリンアクティビティも楽しめます。

公式HP:https://churasun-beach.com/

まとめ

日本であまり話題になることはありませんが、ビーチサッカーはFIFA主催のワールドカップも開かれている伝統あるスポーツです。

スパイクなどの装備が必要なく、気軽にできるのもビーチサッカーのメリットです。

国内には、主に以下のビーチサッカー場があります。

  • コナミスポーツクラブ府中(東京)
  • TAKA FIELD(神奈川)
  • 美らSUNビーチ(沖縄)

これらのビーチサッカー場の近くに住んでいたり、近くに立ち寄る予定がある方は、ぜひ一度ビーチサッカーを体験してみてはどうでしょうか。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 【初心者必見】サーフィンの必需品「リーシュコード」のおすすめ7選

    サーフィン

    【初心者必見】サーフィンの必需品「リーシュコード」のおすすめ7選
  2. シュノーケリング 子供

    ダイビング・シュノーケリング

    子供を海の世界に連れ出そう!子供に最適なおすすめシュノーケルセット7選
  3. ファンダイビング

    ダイビング・シュノーケリング

    体験ダイビングでは味わえない!ファンダイビングの魅力とは
  4. ダイビング アクションカメラ

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイビングに最適なアクションカメラ「SJCAM」が2018年に劇的進化して登場!…
  5. 世界最大の生き物「クジラ」はどうしてあんなにも大きいのか

    デイリーライフ

    海の生き物シリーズ「クジラは何故あんなにも大きいのか」
PAGE TOP