サーフィン ウェア

サーフィン

季節別、おすすめのサーフィンウェアスタイル

サーフィンといえば夏を連想する方が多いでしょうが、サーフィンは夏だけでなく、一年中することも可能です。

ただし、季節によって気温や水温が大きく変わるため、サーフィン時の最適な格好も異なります。

そこで今回は、春夏秋冬の四季別に、最適なサーフィンウェアのスタイルを紹介していきます。

目次

おすすめのサーフィンウェアスタイル【春】

サーフィン ウェア

まずは、春におすすめのサーフィンウェアスタイルから紹介していきましょう。

春におすすめのサーフィンウェアは、以下のとおりです。

目安の気温
セミドライスーツ 18度以下
フルスーツ 15~20度くらい
シーガル 18~25度くらい
スプリング 25度以上
ロングジョン 25度以上

一口に春と言っても、サーフィンをする場所や何月かによっても、気温は大きく変わるものです。

気温が18度を切っているときは、「セミドライスーツ」が良いでしょう。

セミドライスーツとは、顔と両手、くるぶしの下の両足以外の全身を覆う、厚手のウェットスーツです。

セミドライスーツは寒い時期に使用されており、一般的なウェットスーツの厚みが3mmなのに対し、厚み5mmの生地が使われています。

(厚みが3mm、もしくは4mmのセミドライスーツもあります)

気温が15度を超えたら、フルスーツがおすすめです。

フルスーツも全身を覆うタイプですが、生地の厚みは3mmとなっています。

気温が25度を超えたら、「スプリング」や「ロングジョン」がおすすめです。

スプリングは半袖・半ズボンタイプのウェットスーツ、ロングジョンは袖なし・長ズボンタイプのウェットスーツです。

おすすめのサーフィンウェアスタイル【夏】

サーフィン ウェア

暑い夏におすすめのサーフィンウェアは、以下のとおりです。

目安の気温
ラッシュガード 25度以上
サーフパンツ
ベスト
タッパー
ロングタッパー
ショートジョン
ロングジョン

ラッシュガードは、上半身に着用する薄手のウェアです。

夏はウェットスーツを着用せずに、ラッシュガード+サーフパンツのスタイルでサーフィンをする人も多くなっています。

ウェットスーツを着用する場合は、以下5種類のいずれかがおすすめです。

  • ベスト
  • タッパー
  • ロングタッパー
  • ショートジョン
  • ロングジョン

「ベスト」は上半身に着用する、袖なしのウェットスーツです。

「タッパー」も上半身に着用するウェットスーツで、こちらは半袖タイプになっています。

「ロングタッパー」は、タッパーの長袖バージョンです。

これらの3つは、サーフパンツと組み合わせて使う形になります。

「ショートジョン」は袖なし・半ズボンタイプのウェットスーツです。

おすすめのサーフィンウェアスタイル【秋】

秋におすすめのサーフィンウェアは、以下のとおりです。

目安の気温
ロングスプリング 18~25度くらい
フルスーツ 15~20度くらい

気温が18~25度くらいのときは、「ロングスプリング」がおすすめです。

ロングスプリングは、長袖・半ズボンタイプのウェットスーツです。

気温が20度以下になったら、先ほど紹介したフルスーツを着用するといいでしょう。

おすすめのサーフィンウェアスタイル【冬】

サーフィン ウェア

最後に、冬に着用すべきサーフィンウェアについて紹介していきましょう。

冬の海は水温が低いので、風邪をひいたり、心臓をびっくりさせたりしないよう、防寒性の高いウェットスーツの着用が必須です。

冬におすすめのサーフィンウェアは、以下のとおりです。

目安の気温
セミドライスーツ 18度以下
ホットスーツ 15度以下

気温が18度以下なら、セミドライスーツがおすすめです。

先ほども説明したとおり、セミドライスーツは厚みが5mmあるので、寒い海の中でもしっかり防寒できます。

特に寒い海では、「ホットスーツ」の着用もおすすめです。

ホットスーツは北海道など、主に極寒地で使われているウェットスーツです。

ホットスーツは、顔と手足以外の全身を覆うフルスーツに、ブーツが一体型となっています。

また、特に水温の低い地域の海では、ウェットスーツの他に以下のアイテムも必須です。

  • サーフブーツ
  • サーフグローブ
  • サーフキャップ

名前のとおり、「サーフブーツ」は足に履くブーツ、「サーフグローブ」は手に着用するグローブ、「サーフキャップ」は頭に付けるキャップです。

冬でもそこまで気温の低くないエリアなら、これらのアイテムは必須ではありません。

しかし気温の低いエリアなら、これらのアイテムも用意しておくといいでしょう。

まとめ

サーフィンは夏だけでなく、一年中どの季節でも行えます。

ただし季節によって気温も水温も違うので、それぞれの季節に合ったウェアを着てサーフィンをしましょう。

これからサーフィンに行くという方は、ぜひこの記事を参考にして、季節に合ったサーフィンウェアを用意しておきましょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. カリフォルニアスタイル

    インテリア

    お部屋を西海岸リゾートに!カリフォルニアスタイルのおしゃれ壁紙7選
  2. 人気ブランドのダイビングソックス(フィンソックス)おすすめ9選

    サーフィン

    人気ブランドのダイビングソックス(フィンソックス)おすすめ9選
  3. 街乗りにも最適!デザインと機能を兼ね備えたビーチクルーザーの人気ブランドのおすすめ11選

    デイリーライフ

    街乗りにも最適!デザインと機能を兼ね備えたビーチクルーザーの人気ブランドのおすす…
  4. ハンドプレーンを使いこなしてボディサーフィンを楽しもう!

    サーフィン

    ハンドプレーンを使いこなしてボディサーフィンを楽しもう!
  5. ヨットハーバー

    マリンスポーツ・レジャー

    船を持ってなくても楽しめる!週末に行きたいヨットハーバー7選
PAGE TOP