人気のマリンレジャー「シーカヤック」の魅力とは!?

マリンスポーツ・レジャー

人気のマリンレジャー「シーカヤック」の魅力とは!?

数あるマリンレジャーの中でも、特に気軽に楽しめるものが「シーカヤック」です。海面にとても近く、普段では体験できないような感覚を楽しめることができるます。まさに「海と一体になれる」マリンレジャーなのです。シーカヤックには様々な魅力があり、多くの人に人気があります。そこで今回は、シーカヤックについてご紹介していきます。

目次

シーカヤックとは

シーカヤックとは
「カヤック」とは、「パドル」といわれる道具を用いて小舟を漕いで移動するマリンスポーツの1つです。パドルを用いて楽しむものには、「カヌー」というものもありますがカヤックはそのカヌーの1種です。カヌーが片方だけしか漕ぐことのできないパドル「シングル・ブレード・パドル」を使って漕ぐのに対して、カヤックは両先が漕ぐことの出来る「ダブル・ブレード・パドル」を使用します。

カヤックはもともとはアラスカやグリーンランドなどの寒冷地域で、狩猟をする際の移動手段として開発された乗り物でした。その後欧米においてはレジャー用として用いられるようになり、現在ではアウトドアレジャーの1つとして多くの人に親しまれています。
カヤックの種類
カヤックにも様々な種類があります。スピードが出るタイプのものやたくさんの荷物が詰めるタイプのもの、波間でゆったりとくつろぐことができるものまであります。どのような楽しみ方をするかによって、カヤックを選ぶことができるのはうれしいところです。そんなカヤックの中で、海で楽しむことができるものを「シーカヤック」と呼んでいるのです。

シーカヤックの魅力

シーカヤックの魅力
シーカヤックの大きな魅力の1つとして、「初心者から上級者まで、どんな人でも楽しむことができる」というところを挙げることができます。シーカヤックを操縦するための免許や資格は必要ありません。誰でもパドル1つ持つだけで、シーカヤックを操縦することができるのです。カヤックを見ると非常に不安定そうで、特別な技術や練習が必要そうに見えるかもしれません。しかし、実はシーカヤックはその見た目とは裏腹に非常にバランスが安定している乗り物なのです。つまり、横転する危険性はほとんどないといっても言い過ぎではありません。そのため、誰でも安心して楽しむことができるということなのです。初心者であってもすぐに乗りこなすことができ、その楽しさを体験することができるのです。
シーカヤックの魅力
シーカヤックは、まさに「海と一体化した」レジャーです。海面と非常に近いため海面と同じ視点で大きくて広い海の壮大さを感じながら、ゆったりとした時を楽しむことができるのです。また、シーカヤックから見る景色は普段とは全く違った、非日常の世界なのです。例えばシーカヤックから上を見上げれば、普段陸上から見ていたり航空写真などで見たりする景色とは全く違った感覚を得ることができます。反対に海の中を見れば、きれいな水の中を泳ぎ回る魚を見ることができたり、サンゴなどの水生生物を楽しんだりすることができます。シーカヤックから見える景色に、遮るものはありません。まさに360度、さらに海面の上下、つまり雨みそすべてを楽しむことができるのがシーカヤックの最大の魅力なのです。

シーカヤックのもう1つ大きな魅力は、「普段は絶対に行くことができない場所に、シーカヤックでなら行くことができる」という点です。普段陸上で生活していると、絶景といわれる断崖や洞窟などがあったとしてもしてもなかなか見に行くことはできません。海上から移動していくにしても、大きな船はもちろんのこと小型船やボートですらも立ち入ることができないところも実は相当数存在しているのです。そんな中、シーカヤックであれば立ち入ることができるというのは非常に大きな魅力です。テレビや写真などで見るのとは全く違う、目の前に広がる自然の絶景に圧倒されることだと思います。そんな感動を得ることができるのも、シーカヤックならではなのです。

シーカヤックに最適な服装

シーカヤックを楽しむに当たっては、服装は非常に重要となります。まず、基本となるのは「水着」です。その上から羽織るものとして「シャツ」・「パンツ」・「帽子」というこの4点セットが基本アイテムとなります。最も気を付けなければならないことは、「綿素材のウェアは絶対に避ける」ということです。綿は水を吸収しやすいという性質があります。シーカヤックは海面に近いという性質上、水が入ってくる確率が非常に高いです。むしろ、入ってこないということはあり得ないというくらいに考えておくほうがよいでしょう。水を吸収してしまうと、その服は非常に重くなります。また、万一シーカヤックが転覆してしまった場合には、命の危険に直結してしまいます。そのため、水を弾きやすい素材のものを選んで着ることが求められるのです。

シーカヤックでは風を感じることが多いですので、場合によっては体感温度が寒くなることあります。そのため、上着としてマウンテンパーカーやウインドブレーカーなどを用意しておくと便利かもしれません。

patagonia(パタゴニア) メンズ トレントシェル ジャケット

人気ブランド「patagonia」の機能性・デザイン性にすぐれた一着。パタゴニア独自の素材が、高い防水性と浸透性を誇ります。
patagonia(パタゴニア) メンズ トレントシェル ジャケット

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) ドットショットジャケット NP61530

人気ブランド「THE NORTH FACE」のマウンテンパーカー。肌触りに優れたナイロン素材は超撥水加工が施されており、機能性も抜群です。
THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) ドットショットジャケット NP61530

また、特に夏は非常に日差しが強く、海面からも反射してくるために日焼けします。サングラスや日焼け止めを塗っておくことも忘れてはいけません。

次に、シーカヤックでは「靴」は必需品です。海のレジャーですのでサンダルを思い浮かべてしまいそうになりますが、シーカヤックにおいては絶対に履いていってはいけないものの1つです。万一、事故に巻き込まれてしまった場合にはすぐに脱げてしまって危険だからです。海中でも脱げず、濡れても冷えにくいマリンシューズやウェットシューズが理想的ですが、最低でも運動靴は履くようにしたいところです。

Hele i Waho(ヘレイワホ)

オススメのマリンシューズ7選 Hele i Waho(ヘレイワホ)
マリンスポーツの人気ブランド「Hele i Waho(ヘレイワホ)」のマリンシューズ。ウェットスーツも手がける同社ならではの一足で、素材にはウェットスーツの素材が採用されており、伸縮性に優れ、速乾性もあります。かかと部分が脱げにくい設計になっており、シュノーケリングなどのフィンをつける時に履けば、フィンズレを防止してくれます。

TESLA(テスラ)

オススメのマリンシューズ7選 TESLA(テスラ)
ソックスのような柔軟性で、素足みたいな履き心地で海を楽しむことができます。軽量で圧縮可能なので携帯性にも優れています。海外製品なのでサイズとしては作り上、フィット感を求める方はいつものサイズを、すこしゆとりが欲しい人は1サイズ大きいサイズを選択されるのが良いそうです。

このように、シーカヤックでは服装は非常に重要です。このことは忘れてはいけないポイントなのです。

シーカヤックで釣りを楽しむ

近年、カヤックで行う釣り(カヤックフィッシング)が人気を集めています。以前のカヤックといえば、足を中に入れてパドルを漕ぐ「クローズドデッキタイプ」が主流でした。しかし最近では、船体が中空でデッキの上に座るシットオントップカヤックが登場してきました。このタイプは安定性の良さや不沈構造、頑丈さが釣りに最適ということで取り入れられるようになりました。また、フィッシングカヤックというものも開発されました。

CONDUCTOR12 コンダクター12

CONDUCTOR12 コンダクター12

BARRACUDA バラクーダ

BARRACUDA バラクーダ

これによってクーラーボックスを積み込んだり魚群探知機を導入したりできるので、その人気に拍車がかかっています。カヤックフィッシングは、海からの絶景も楽しめるうえに、普段では行くことができないポイントで大物を釣り上げるという快感も得ることができます。堤防から釣竿を垂らして行う釣りとは違って、よりダイナミックな楽しみ方ができるというのがカヤックフィッシングの最大の魅力なのです。

しかし絶対に忘れてはならないのは、通常のカヤックと違ってその危険度は非常に大きくなるということです。波にさらわれたり、潮の影響によっては遭難してしまう可能性もあります。また、漁船との事故に巻き込まれる可能性もあります。必ず状況判断をしっかりと行って、釣りに夢中になり過ぎないことが重要です。危険と隣り合わせで釣りをしているということは、肝に銘じておく必要があるのです。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. 着替えが驚くほど楽に!?サーフィンポンチョのおすすめ8選

    サーフィン

    着替えが驚くほど楽に!?サーフィンポンチョのおすすめ8選
  2. 海で巫女さんに会える!?ちょっぴりセクシーな巫女風水着が誕生

    デイリーライフ

    海で巫女さんに会える!?ちょっぴりセクシーな巫女風水着が誕生
  3. 東京でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介

    マリンスポーツ・レジャー

    東京でダイビングのライセンスをとるには|おすすめショップをご紹介
  4. サーフボードの画像

    サーフィン

    サーフボード選びで知っておくべきポイントと人気ブランド7選
  5. サーフロックの画像

    サーフィン

    サーファー必見!愛車を守る人気おすすめサーフロック
PAGE TOP