ダイビング 機材

ダイビング・シュノーケリング

初心者でも安心!ダイビングに必要な機材一覧

ダイビングをするには、様々な機材が必要です。

機材はダイビングスクールなどでレンタルできますが、本格的にダイビングをしたいなら、自分専用の機材を揃えておくのがおすすめです。

今回はダイビングに必要な主な機材と、それぞれの役割について説明していきます。

目次

ダイビングに必要な機材一覧

ダイビングをするにあたって必要な、主な機材は以下のとおりです。

スノーケル BCD レギュレーター
マスク マリングローブ ダイブコンピュータ
ウェットスーツ マリンブーツ フロート
ウェイトベルト フィン 水中ライト

ここでは、これらの機材がどんなものなのかについて、一つずつ説明していきます。

スノーケル・マスク

ダイビング 機材

「スノーケル」は、シュノーケリングをするとき、海中で呼吸をするために口にくわえる機材です。

ダイビングの際は、海中で呼吸するため、「レギュレーター」という機材を口にくわえます。

しかし、水面を移動する際や「スキンダイビング(呼吸装置を使わずに自分の息だけで呼吸するダイビング)の際には、スノーケルを使います。

「マスク」はダイビングの際、顔に装着する大きめのゴーグルです。

マスクに水が入ってこないよう、顔のサイズにフィットしているものを選びましょう。

ウェットスーツ・ウェイトベルト

ダイビング 機材

「ウェットスーツ」は、ダイビングをする際に着用するスーツです。

ウェットスーツには、主に以下の種類があります。

  • フルスーツ…長袖・長ズボンタイプ
  • シーガル…半袖・長ズボンタイプ
  • スプリング…半袖・半ズボンタイプ

「フルスーツ」は冬場や寒冷地、「スプリング」は夏場や温暖な海でのダイビングにおすすめです。

ダイビングをする季節や場所に合わせて、最適なものを選ぶといいでしょう。

「ウェイトベルト」は、ダイビングをする際、腰に着けるベルトです。

重しになっていて、これを着けることで、水中で浮き上がることを防げます。

マリングローブ・マリンブーツ・フィン

「マリングローブ」と「マリンブーツ」は、それぞれ海中で着用するグローブとブーツです。

マリングローブを着けることで、冬場や寒冷地でのダイビングでも、手を冷やさないように保温できます。

マリンブーツを履けば、海底などを歩く際、岩場で足を切ることを防げます。

「フィン」は海中を泳ぐ際、足先に着用する「足ヒレ」です。

フィンを着けることでたくさんの水をかけるため、裸足の状態に比べて、ずっと早く泳げます。

BCD

BCDは「Buoyancy Control Device(ボイヤンシー・コントロール・デバイス)」の頭文字をとったもので、ダイビングの際に浮力を調整するための機材です。

ベストタイプで、見た目はライフジャケットに似ています。

BCDには空気袋が付いており、空気タンクからこの空気袋に空気を送ることで、海中での浮力を調整可能です。

海中では、水深によって浮力が異なります。

BCDをボタン操作して浮力を調整することで、海中を移動しても一定の浮力でダイビングができます。

レギュレーター

レギュレーターはダイビング中、海中で呼吸するために、口にくわえる機材です。

口にくわえる側の反対側は空気タンクとつながっており、タンクに詰まった高圧の空気を、人が吸えるように減圧して供給する装置でもあります。

呼吸はダイビングの際の生命線となるので、自分が呼吸しやすいと感じる、自分専用のものを購入するのがおすすめです。

ダイブコンピュータ

「ダイブコンピュータ」はダイビング中、手首に着用する機材です。

見た目は腕時計に似ていますが、ダイブコンピューターにはダイビングをするのに欠かせない、以下の情報が表示されます。

  • 潜水時間
  • 水深
  • 水温

潜水時間には、潜っている時間だけでなく、あと何分潜っていられるかも表示されます。

ダイビングをするうえで重要なライフラインなので、必ず用意しておきましょう。

フロート・水中ライト

ダイビング 機材

「フロート」と「水中ライト」はともに、ダイビング中に遭難してしまったときのための機材です。

仲間とはぐれてしまったとき、海面でフロートをかざせば、自分がいる場所をアピールできるため、発見してもらえる確率が高くなります。

空気を入れれば、浮き具になるのも特徴です。

水中ライトは、夜間に仲間とはぐれてしまったとき、自分の居場所をアピールするのに有効です。

どちらもいざという時に必要なので、必ず用意しておきましょう。

まとめ

ダイビングに必要な機材は、以下のとおりです。

スノーケル BCD レギュレーター
マスク マリングローブ ダイブコンピュータ
ウェットスーツ マリンブーツ フロート
ウェイトベルト フィン 水中ライト

これらの機材はレンタルもできるため、無理に全てを揃える必要はありません。

しかしレギュレーターやダイブコンピュータなどのライフラインとなるものや、顔へのフィット感が重要なマスクについては、自分専用の物を買うのがおすすめです。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. ビーチコーミング貝殻の画像

    デイリーライフ

    浜辺でお宝発見!?話題のビーチコーミングを楽しもう
  2. ビーチマット

    ファッション

    オシャレで使い勝手も良いビーチマット7選
  3. ダイバーの命を守る!ダイビングナイフのおすすめ7選

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイバーの命を守る!ダイビングナイフのおすすめ7選
  4. ハンドプレーンを使いこなしてボディサーフィンを楽しもう!

    サーフィン

    ハンドプレーンを使いこなしてボディサーフィンを楽しもう!
  5. 水族館の人気者「ジンベエザメ」の知られざる生態を知ろう!

    デイリーライフ

    水族館の人気者「ジンベエザメ」の知られざる生態を知ろう!
PAGE TOP