サーフィン

サーフボードを買う前に知っておくべき選び方とブランド8選

これからサーフィンをはじめよう!という人が一番に悩むのがサーフボード選びではないでしょうか。一概にサーフボードといってもさまざまな種類があるのをご存知ですか?初心者向きのものから上級者向けのものまでそろっているサーフボード。自分に適したものをきちんと選びたいものです。そこで今回は、サーフボードの購入を考えているなら、絶対におさえておきたい選び方のポイントと、人気のブランド8選を詳しくご紹介します!

サーフボードを買う前に知っておくべき選び方とブランド8選

サーフボードの選び方

サーフボード

サーフィンをする上で絶対に欠かせない道具がサーフボードです。どんなサーフボードを選べばよいのか、迷ってしまったときには、下記のポイントを参考にしてください。

サイズに合わせる

まず、サーフボードを選ぶときに大切なのは「サイズ」です。サーフィンはサイズによって、ショートボード、ロングボード、ファンボードに分かれます。

【Ⅰ】ショートボード
サーフボードの定番として最も使用されるのがショートボードになります。3種類のボードの中で最も長さが短く、長さは一般的に160cm〜190cm程になります。先端(ノーズ)が鋭く尖った形状も特徴です。短く、コンパクトであるため回転性に優れ、単に波になるだけでなく、ターンやトリックを極めたいアグレッシブな人におすすめのボードです。他と比べると、浮力が小さいため、初心者には扱いが難しいと言われています。

【Ⅱ】ロングボード
3種類の中で最も長いタイプで、一般的に9フィート(約274cm)以上のサーフボードをロングボードと呼ばれます。長さがある分、浮力が大きく、安定性があるので、乗りやすく、初心者の方や女性におすすめのタイプです。もちろん上級者でも好んでロングボードに乗る人もいるので、一概に初心者用のサーフボードと思わないようにはしましょう。

【Ⅲ】ファンボード
ロングボードとショートボードの中間の長さ、200cm〜260cmのボードはファンボードと呼ばれます。ロングボードの乗りやすさとショートボードの機動性の両方を適度に備えたサーフボードで初心者の方にも人気のタイプです。

これら3つの中でもサイズや形状が異なるので、その人の体型に合わせてボードの長さや幅、厚みなどは「合う・合わない」の重要なポイントになります。

レベルに合わせる

どんなに運動神経が良くても、スポーツが得意な人でもサーフィンは自然を相手にしたスポーツです。まず一枚目のサーフボードは、必ず自分のレベルに合わせた無理のないものを選ぶようにしましょう。

海に合わせる

サーフボード

自分がホームとする地域の気候や波の大きさ、性質、潮流なども把握しておきましょう。その日の天候や風向きによって波の状態を理解するまでには、ある程度の経験と豊富な知識が必要です。サーフィン経験のある友人や地元のサーフショップのスタッフなど、経験者のアドバイスを聞いてみるのもよいでしょう。

サーフボードの知っておくべきブランド8選

サーフボード
サーフボードには、ロングボードやファンボード、ショートボード、ガンボードなど、さまざまな種類があります。これらを扱うサーフボードブランドも数多く存在していますが、ここでは特に人気の高いサーブブランドを集めて見ました。特徴や価格と一緒にこれからのサーフボード選びの参考にしてください。

Billabong surfboards(ビラボンサーフボーズ)

サーフボードのみならず、スノーボードやスケートに向けたプロダクトをも提供しているのが「Billabong surfboards(ビラボンサーフボーズ)」です。世界的に有名なブランドですが、日本ではあまり出回っていないため、人と違うサーフボードを持ちたいという人にオススメです。

サーフボード

stacey(ステーシー)

サーフボードブランドの中でも比較的新しい人気ブランドが「stacey(ステーシー)」です。ボードのクオリティに徹底的なこだわりを持ち、高品質なサーフボードを提供しています。オーナーのリー・ステイシーは日本の人気アニメ「ガンダム」の大ファンで、ステイシーのロゴに使われているモチーフは、ガンダムがモデルになっているのだとか。
サーフボード

ROCKDANCE

ソエダサーフボードジャパンが提供する日本のサーフボードブランド「ROCKDANCE」。日本ならではの丁寧なものづくりの技術と品質の高さは、老舗サーブボードブランドにも引けをとりません。デザインもシンプルで個性的。まさに世界に誇る日本のサーフボードブランドです。
サーフボード

Rusty

オーストラリアを拠点にブランド展開を行っている老舗サーブボードブランド「RUSTY(ラスティ」。RUSTYが提供するアグレッシブなサーフボードは、世界中で活躍しているプロサーファーからも愛され続けている信頼あるブランドです。サーフボードのみならず、アパレルなどの商品も取り扱っています。
サーフボード

LOST

ポップなものから、ハイクオリティなモデルを幅広く取り扱っている「LOST(ロスト)」。利用者の多いアメリカでは、サーブボードのみならず、スケボーや音楽分野でも商品展開を行っており、高い人気を誇っているブランドです。
小回りが利くタイプが多いので、さほど波の高くない海でのサーフィンに最適です。
サーフボード

JS SURFBOARDS

数あるサーフボードブランドの中でも特に有名なのが「JS SURFBOARDS(ジェイエスサーフボーズ)」です。世界でも三本の指に入るといわれるシェイパーによって、ハイクオリティな商品を提供し続けています。世界中のサーファーから愛され続けてきた信頼あるサーブボードブランドのひとつです。
サーフボード

WEBBER SURFBOARDS

ウェバーサーフボードは、独自のカーブシェイプ理論を持っているメーカーで、カッコ良いデザインに魅了されて購入する人も多いブランドです。
サーフボード

JUSTICE SURFBOARDS

サーフボードの名門ブランド「JUSTICE SURFBOARD」。日本のトッププロサーファーでもある田嶋鉄平さんも愛用しているサーフボードで、多くの有名芸能人サーファーも愛用しています。高品質で乗りやすさにも高い定評があるJUSTICE SURFBOARDSは、世界中から愛されている信頼あるブランドです。
サーフボード

ブランド毎にボードの特徴が異なるので、サーフボードはお店の店員や同じサーフボード仲間などと相談しながら決めてみるが良いでしょう。

このコラムがためになったら
いいね ! をしよう

  1. ダイバーの命を守る!ダイビングナイフのおすすめ7選

    ダイビング・シュノーケリング

    ダイバーの命を守る!ダイビングナイフのおすすめ7選
  2. あなたが知らない『ペンギンの世界』!ペンギンのトリビア7選

    デイリーライフ

    あなたが知らない『ペンギンの世界』!ペンギンのトリビア7選
  3. ダイビング・シュノーケリング

    ダイビングフィンの選び方とおすすめ3選
  4. 江ノ島に子供の楽園!?江の島片瀬東浜に新しい遊び場が誕生!!

    デイリーライフ

    江ノ島に子供の楽園!?江の島片瀬東浜に新しい遊び場が誕生!!
  5. 沖縄で絶対楽しみたいダイビングですが沖縄にはダイビングスポットが約100箇所近くあり、どこで潜るか悩んでしまいます。そこで今回は沖縄本島に絞って、おすすめのダイビングスポットを厳選して7箇所紹介します。

    ダイビング・シュノーケリング

    沖縄本島で人気のダイビングスポット特集!おすすめスポット7選
PAGE TOP